三日月のドラゴン【最新第23話】のネタバレと感想!

この記事では、2020年11月27日発売の『月刊スピリッツ2021年1月号』に掲載された三日月のドラゴン【最新第23話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 凡拙の言葉を実践した龍之介は今までとは動きが全然違う。
  • 龍之介の気迫に恐怖を覚えるJ。
  • ここにきてJの体力が限界に。
  • 龍之介の「三日月落とし」が鮮やかに決まる。

という内容でしたね。

 

 

 

 

苦戦の末になんとかJを倒した龍之介。

戦いはこのまま何事もなく終わるのでしょうか?

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

 

それでは『三日月のドラゴン』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

三日月のドラゴン【最新第23話】 ネタバレ

三日月のドラゴン【最新第23話】

 

龍之介の三日月落としの前に倒れるJ。

その時Jは、こんな無様な負け方をしたのは自分が最後に出場した大会以来だと過去のことを思い出す。

 

この大会はJの連覇をかけた大事な戦い。

しかしJはこの戦いで白帯相手にあっさりと敗北してしまう。

 

Jはその敗因が精神的なものだと分かっていた。

 

Jこと純太は、幼い頃に母親を病気で亡くす。

純太は父親の幸せを願い再婚に賛成する。

 

始めの頃は新しい家族3人で幸せに暮らしていたが、弟が生まれてからその暮らしは一変する。

 

義理の母親の態度は急変し、純太のことを邪魔者扱いし始める。

しかし父親の邪魔をしたくないと考えるJには相談できる相手が誰もいない。

 

 

ある日、純太が家に帰ると義理の母親が本当の母親の遺影を捨てようとしていた。

カッとなった純太は義理の母親を殴りつける。

 

その一軒により純太は児童施設に送られることになり、父親と離れ離れになってしまう。

 

 

それからの純太はどんどん荒れていく。

心に空いた穴を埋めるようにケンカ三昧、気が付けば湘南一のワルと言われるようになっていた。

 

 

 

龍之介にまけたJは、自分の強さだけが唯一のよりどころだったはずなのに、このままでは何の価値もないと考える。

そんなJは、近くに転がっていた木を手に取り、龍之介に襲いかかった。

 

龍之介は間一髪のところでその攻撃を防ぐ。

 

Jはさらに襲いかかる。

その攻撃をかわした龍之介は、そのまま後ろ回し蹴りをはなった。

 

後ろ回し蹴りはJの腹に突き刺さり、龍之介の完全勝利。

スポンサーリンク



『三日月のドラゴン』の最新話を含む「月刊!スピリッツ」最新号を無料で読む

三日月のドラゴン【最新第23話】 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

三日月のドラゴン【最新第23話】の感想

今回のお話で龍之介の完全勝利。

Jの得意技である後ろ回し蹴りが勝利の決め手になったところは胸アツでしたね。

 

それにしてもJこと純太も幼い頃はとても優しくていい子だったのにあんな出来事があったのは残念で仕方がありません。

 

龍之介に負けてしまい自分の存在価値を失ってしまったJ。

ここで和尚でもある凡拙の出番かもしれません。

 

生きる意味をなくしたJを凡拙が救い、改心してまた空手を始めるという展開になると勝手に予想してみます。

 

まとめ

ということで、

この記事では、2020年11月27日発売の『月刊スピリッツ2021年月1月号』に掲載された三日月のドラゴン【最新第23話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • Jは幼い頃の家庭環境のせいで荒れてしまった。
  • 強さだけが自分の存在意義だったJ。
  • Jは凶器を手に取り龍之介に襲いかかる。
  • Jの攻撃をかわした龍之介は、そのまま後ろ回し蹴りを放つ。
  • 後ろ回し蹴りは見事にヒットし、龍之介の完全勝利。

という内容でした。

 

龍之介の完全勝利で終わった今回のお話。

敗北したJはどうなるのでしょうか?

 

次回も楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告