三日月のドラゴン【最新第26話】のネタバレと感想!

この記事では、2021年2月26日発売の『月刊スピリッツ2021年4月号』に掲載された三日月のドラゴン【最新第26話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 大網水産の不良たちには心の変化があった様子。
  • 龍之介のことが好きだと言う千秋と、そのことにモヤモヤする菊代。
  • 龍之介は「強い」ということの奥深さを知る。
  • 龍之介たちの前に姿を現したJ。

という内容でしたね。

 

 

 

 

龍之介たちの前に姿を現したJの目的が気になりますね。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

 

それでは『三日月のドラゴン』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

三日月のドラゴン【最新第26話】 ネタバレ

三日月のドラゴン【最新第26話】

 

なぜここに?

龍之介たちの前に姿を現したJ。

 

その目つきを見た愚太郎は、Jの目を見て復讐にやってきたのだと考えた。

Jは菊代の制止の声も聞かず、どんどん寺の中に近づいてくる。

 

まだ傷の癒えていない龍之介は、またしてもJと戦わなければいけないのか?と不安な気持ちになった。

 

そんな時、愚太郎がJの前に立ちはだかる。

 

Jの目的

愚太郎と対峙したJは、話があるのだと言う。

しかし、Jのことを疑っている愚太郎は、Jの話に耳を貸そうとしない。

 

ここでJは、道場に入りたいと言い出した。

だが、愚太郎はその話を信じようとはしなかった。

 

それでもJは食い下がり、地面にヒザをついて道場に入れてほしいと言う。

 

Jのウソ

菊代たちがJのことを罵倒する中、凡拙が話し出す。

 

凡拙が言うには、Jはウソをついているらしい。

しかし、そのウソというのは、道場に入りたいということではなく、自分自身についているウソのこと。

 

凡拙はJの前に行き、自分の目をしっかり見ろと言う。

 

凡拙の目を見たJは、龍之介と戦ったことで気付いたことがあると話す。

それは自分自身の弱さ、そして今まで逃げてばかりいたことだ。

 

Jの心の叫びを受け入れる凡拙。

そしてJは号泣した。

 

仲間に!

そんな中、凡拙は、Jの道場入りについて自分からは何も言えないと話す。

そして、Jに対して何か言ってやれと龍之介に言う。

 

龍之介は、仲間になろうとJに言った。

スポンサーリンク



『三日月のドラゴン』の最新話を含む「月刊!スピリッツ」最新号を無料で読む

今回紹介した 三日月のドラゴン【最新第26話】 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

三日月のドラゴン【最新第26話】の感想

Jが寺にやってきた理由は予想通り、もう一度空手をやりたいからでした。

 

しかし、空手をするなら別にここじゃなくても良かったはず。

それなのにどうしてJはここを選んだのでしょう?

 

もしかするとJも龍之介の心の中にある強さと優しさを感じ取ったのかもしれません。

 

ここで空手をするのはJにとってはかなり気まずいでしょうが、それも償いの一つかもしれないですね。

 

これから先、龍之介とJでお互いを高め合っていけるといいですね。

次回が楽しみです!

 

まとめ

ということで、

この記事では、2021年2月26日発売の『月刊スピリッツ2021年月4月号』に掲載された三日月のドラゴン【最新第26話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • Jが寺にやってきたのは道場に入りたいからという理由。
  • 自分の弱さを認めて号泣するJ。
  • 龍之介は、Jに仲間になろうと言う。

という内容でした。

 

次回からはJも稽古に参加!

2人のこれからの関係も気になります。

 

次回も楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告