オリンピア・キュロクス【最新第22話】ヘラクレス歌舞伎 ネタバレと感想!

この記事では、2020年4月15日発売の『グランドジャンプ2020 No.10』に掲載されたオリンピア・キュロクス【最新第22話】ヘラクレス歌舞伎のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 興行失敗のトリトニア・オリンピック
  • 隣村への年貢
  • 信頼を失った村長
  • デメトリオスは歌舞伎座に

という内容でした。

 

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『オリンピア・キュロクス』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

オリンピア・キュロクス【最新第22話】ヘラクレス歌舞伎 ネタバレ

オリンピア・キュロクス【最新第22話】ヘラクレス歌舞伎

 

 

村の借金を返済するために企画したプロレスが失敗し、落胆するデメトリオス。

すると、雷が再び彼を襲います。

 

 

時空を超えて、今度は歌舞伎座の舞台袖に飛ばされました。

 

状況が掴めないデメトリオスに観客席から声をかけたのは、巌谷教授と初老のみっちゃんでした。

再会に驚くのも束の間、舞台が始まりました。

 

物語は、呪いで火を放ち妻と子を殺めてしまった“ヘラやん”のお話です。

どこかで聞き覚えのある話だと振り返ると、「ヘラクレス」の神話だと気付いたデメトリオス。

 

まるでプロレスに壺絵が合わさったような美しい戦いに、言葉は分からなくてもヘラクレスの話が伝わると大興奮です。

 

 

舞台が終了すると、デメトリオスは教授とみっちゃんに同行して、六代目中村勘九郎に挨拶をしに控室を訪れます。

本物のギリシャ人だと感激する勘九郎は、父がギリシャの古代劇場での公演を夢見ていたことを語ります。

 

デメトリオスは“カブキ”がギリシャの演劇に革命をもたらすと絶賛しますが、まずは貧困にある自分の故郷を救うため、歌舞伎を演じたいと訴えます。

そこで勘九郎は自らが監修している「農業歌舞伎」の見学を勧めるのでした。

 

運動・芸術・演劇など、全てを一体化したような集大成であるカブキ。

これこそがギリシャ全体が求めていたものかもしれないと、故郷の復興を願うデメトリオスは考えるのでした。

スポンサーリンク



『オリンピア・キュロクス』の最新話を含むグランドジャンプを無料で読む

オリンピア・キュロクス【最新第22話】ヘラクレス歌舞伎 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「グランドジャンプ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

オリンピア・キュロクス【最新第22話】の感想

初老のみっちゃんに驚きでしたが、今では業界の重鎮だと判明して更に驚きました。

今回はプロレスの表現をさらに推し進めた歌舞伎の話になりました。

 

ギリシャ神話でさえ題材にするケレン味ある歌舞伎の奥深さ。

みっちゃんプロデュースと聞いて妙に納得です。

 

因みに勘九郎が古代劇場の話をした時の背景にチラッと描かれた丸いのが「円形劇場」と呼ばれる舞台で、紀元前4世紀に作られたエピダロウスは1万3,000〜4,000人を収容可能な野外劇場で今なお遺跡として現存します。

すり鉢状の底で舞台が行われて、観客は上から見下ろすような格好になります。

 

次回に明らかになる農業歌舞伎は、果たしてデメトリオスを救う窮余の一策となるのでしょうか?

続きが楽しみです。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年4月15日発売の『グランドジャンプ2020 No.10』に掲載されたオリンピア・キュロクス【最新第22話】ヘラクレス歌舞伎のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 巌谷教授とみっちゃんに再会するデメトリオス
  • 文化の集大成ともいえる歌舞伎
  • デメトリオスは“カブキ”がギリシャの演劇に革命をもたらすと絶賛した
  • 勘九郎の勧めで、農業歌舞伎の見学に向かうデメトリオス

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連記事と広告