プレイボール2【最新第68話】4点差と3点差の違い ネタバレと感想!

この記事では、2020年3月4日発売の『グランドジャンプ』2020 No.7に掲載されたプレイボール2【最新第68話】4点差と3点差の違いのネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 守備が緩慢な墨谷
  • 犠牲フライで墨谷4-川北1
  • 松川は初回を35球も投げる

という内容でした。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『プレイボール2』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

プレイボール2【最新第68話】4点差と3点差の違い ネタバレ

プレイボール2【最新第68話】4点差と3点差の違い

 

1点を失った墨谷は2回の攻撃に移ります。

川北の小野田投手は、変化球主体のピッチングに切り替えると、島田、戸室、丸井をあっさりと三者凡退に打ち取ります。

追加点が取れるか不安に思う谷口。

 

続く2回ウラの川北は6番の左バッターの井上からです。

初回同様にファールで粘られる松川は、甘い球をライトフェンス直撃のツーベースヒットを打たれてしまいます。

松川の球は、左打者には格好の餌食になると警戒する倉橋。

 

次の7番は送りバントでアウトにしますが、8、9番と連続フォアボールにさせてしまいます。

 

ワンアウト満塁。

それでも倉橋は満塁ならばスクイズはないとして、谷口も打球によってのゲッツー狙いを内野に指示します。

 

バッターの米登田は、例によって粘りのファール。

松川も肩で息をし始めますが、低目をついた投球でショートゴロに仕留めます。

 

墨谷にはお誂え向きの「6ー4ー3」でゲッツー完成。

しかし、塁審の判定は「セーフ」でした!

 

この間に3塁ランナーがホームに戻り、2点目とした川北。

ゲッツーが失敗して顔を見合わせるイガラシと丸井でしたが、コンマ1秒の遅れの積み重ねがセーフにさせたのです。

 

この回を1点で切り抜けた松川でしたが、投球数は2回で70球を超えました。

スポンサーリンク



『プレイボール2』の最新話を含むグランドジャンプを無料で読む

プレイボール2【最新第68話】4点差と3点差の違い のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「グランドジャンプ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

プレイボール2【最新第68話】の感想

今回のタイトルは、満塁ホームランならば逆転を予感させたものでしたが、ストーリーは着実に1点返す川北と、内容にギャップを感じた今回のお話。

ゲッツー崩れで点を失うケースはプロでも見受けられます。

 

確かに川北は瞬足の米登田ではありましたが、守備はイガラシと丸井という墨谷二中出身同士の鉄壁のだっただけに、今回の1失点は結構ダメージが大きいと思います。

そして、やはり選手たちに残った疲労は相当なものだと推測できます。

既に70球を超えた松川が予定の3回を終えるか不安になりますね。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年3月4日発売の『グランドジャンプ』2020 No.7に掲載されたプレイボール2【最新第68話】4点差と3点差の違いのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 2回の墨谷は三者凡退で0点。
  • 川北が1点返して、4ー2とする。
  • 松川は2回で70球を超える。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告