フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス登場人物紹介!ココ・フェルケナ 海賊になったきっかけや家族は?

現在、別冊少年チャンピオンで連載中の「フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス」

主人公のココは、今では立派な海賊ですが、前作である「フルアヘッド!ココ」ではまだ小さな子供でした。

 

前作の「フルアヘッド!ココ」を知っている方は、大きくなったココが活躍する姿を見て、当時の事を思い出しているでしょう。

ですが、この作品はは20年近く前に連載が始まったので、「フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス」を読んでいる方の中には、小さい頃のココを知らない方もいると思います。

 

この記事では、

「フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス」の主人公、ココ・フェルケナが海賊になったきっかけや、家族についてまとめています。

※この記事はネタバレを含む内容が書かれています。

スポンサーリンク

ココが海賊になったきっかけ

ココは、初登場時は8歳の小さな子供で、海賊・レッドスケルが拠点にする街イノガスイーダの孤児でした。


当時はお店のパンを盗んだり、海賊ごっこをしたりして過ごし、

どんなにすごい相手でも蹴散らしていまうクレイジーバーツ

の噂にあこがれ、いつかはバーツみたいな海賊になりたいと思っていました。

 

ある時、親友のカフェルにもらった赤いドクロのピアスがきっかけで、バーツに

 

俺の船に乗らねェか?

 

と誘われ、海賊・スイートマドンナの一員となりました。

 

ちなみに海賊になった当初は泳ぐこともできませんでした。

ココの家族は?

物語が進んでいくと、孤児として育ったココの父親がラグ・ローグという男と判明します。

ラグは、白無という組織のボスで、本名はラグ・バーツといい、あのバーツの兄です!

 

なのでココからしてみると、バーツは叔父さんになるわけですね。

 

また、ラグは、レッドスケルのキャプテン・レイラとの間にも子供をもうけていて、その子供が、カフェルなんです。

ココとカフェルは、腹違いの兄弟ということになります。

まとめ

この記事では、

「フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス」の主人公、ココ・フェルケナが海賊になったきっかけや、家族についてお伝えしました。

 

バーツがココをスイートマドンナに誘ったきっかけは、ドクロピアスと言いましたが多分レイラにラグの息子ということを聞かされたのもあるんでしょうね。

 

後から「フルアヘッド!ココ 」の1巻を読み返すと、「実はそういうことだったのかな」と思わせるような場面もあります。

 

また、ココにとっては、バーツは叔父さんでカフェルは腹違いの兄弟ということになります。

それぞれ別の海賊で敵同士ですが、いざという時には信頼できる味方でもあるので心強いですね!

スポンサーリンク