この音とまれ!第77話イントロダクション 最新話のネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年3月号で掲載された”この音とまれ!【第77話】イントロダクション”のネタバレと感想をまとめています。

前回のネタバレはこちら

1回だけの裏技ですが、music.jpの無料お試し期間に登録することによって、この漫画が掲載されているジャンプスクエアを今すぐ無料で読むことができますよ。

詳しい登録方法はこちら

スポンサーリンク

この音とまれ!【第77話】イントロダクションのネタバレ

この音とまれ!【第77話】イントロダクション

 

“拾った石=お土産”をばぁちゃんに渡し、合宿の話をするチカ。

「何もできなかった。そんで、全国一位の演奏を聴いてきた」というチカを見て、ばぁちゃんは「いい刺激をもらったようだ」と話す。

 

チカは美蘭やリュカの言葉を思い出していた。

ばぁちゃんに「箏に人生を捧げていたか」聞いてみたら、「ただ毎日、生きたいように生きているだけだ」と言われた。

それを、「かっけぇ」と言ったチカに、

 

 

「かっけぇ」ってのは 少なからず「そうなりたい」と思ったってことだろう?

それはつまり 自分の未来にも目を向けれるようになってきたってことだ

あんたもようやく 自分のこと大事にできるようになってきたんだね

 

 

自分の喜ぶことを沢山しなさいというばぁちゃんは、チカに一番望んでいることを聞く。

 

「最高の演奏がしたい 今の筝曲部全員で」

 

 

部室では邦楽デイズを読み、コータたち3人はニヤニヤしている。

武蔵は嬉しいし興奮しているが、一英の演奏を聴いて気が引き締まったところだからと話す。そして、今のままの練習ではだめだという。

もっと練習の密度を高して、一回一回の練習を大事にする。

漠然と繰り返す練習じゃなく、掘り下げて練習すると言う武蔵だが、具体的にどうするかわからない。

 

一英の演奏に情報量が多かったのはなぜかと問う滝浪先生に、さとわは彼らが一音の成り立ちを考えているからだと答える。

 

 

言葉の通りだよ

なぜ この音はここにあるのか

この音はどういう意味を持つのか

この組み合わせで この場所に置かれる理由は何なのか

 

 

そう話す滝浪先生は、演奏に正解はなく、目指す演奏が決まればやるべきことも見えてくると伝える。

 

屋上で哲生と昼ご飯を食べるチカたちは滝浪先生の言ったことを考えていた。

そして、どうすれば追いつくのか?と考える足立にチカは、「追い越すんだ」と言う。

「あいつらを追い越さねぇと、その先にいる鳳月に追いつけない」

 

4人は昼食を済ませて、急いで昼練に向かおうとする。

通孝が落とした紙を哲生が拾った。そこには、

”一人前の音を出せるようにする”と書いてあった。

合宿の課題目標だったもので、達成できるまで持っておくと言う通孝に哲生は「がんばれ」と優しく声をかける。

 

難しい顔をして考えている武蔵に妃呂が声をかけた。

武蔵は一英のメンバーはみなプロを目指してて、卒業してもまた同じメンバーで弾けることがあるかもしれないが、自分たちはこれが最後なんだと実感したという。

 

そして、今のように朝から晩までお筝漬けの毎日を特別に思い、大事にしたいと考えていた。

自分にできることは後悔しないように全部したいと言う武蔵に妃呂も、

 

 

…ここから3か月 やれること全部やろう

できること考え続けよう

一ミリも後悔しないように

みんなで 全力で 駆け抜けよう!!!

 

 

部活中に通孝のケータイに父親から連絡があり、母が骨を折ったと知らされる。

大事はないが、母の代わりに妹たちの世話の為、練習を抜けることに…

スポンサーリンク



この音とまれ!【第77話】イントロダクションの感想

一英高校の演奏に刺激を受け、自分たちの演奏を見つけ出そうとする時瀬メンバー。

あと3カ月と余裕はないものの、全力で駆け抜けようとし、「みんなで」という想いを大きくして、とってもいい感じにまとまりそうなのに…。

誰が悪いわけではなく、困難はつきものなんですね。

最後に「徐々に歯車が狂い始める」って書かれてましたが、まだまだ問題が起こるんでしょうか?

お箏に人生捧げる人たちも素晴らしいですが、「後悔しないように」頑張ろうとするみんなを応援します。

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年3月号で掲載された”この音とまれ!【第77話】イントロダクション”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告