宇宙めし! 【第4話】ごま塩 最新話のネタバレと感想!宇宙食のごま塩ついに完成!

この記事では、月刊!スピリッツの2019年4月号で掲載された”宇宙めし! 【第4話】ごま塩 ”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のネタバレはこちら

 

スポンサーリンク

宇宙めし! 【第4話】ごま塩 のネタバレ

宇宙めし! 第4食 ごま塩

 

晴可は空からごま塩が降ってくる夢を見ながら目を覚ました。

そして、すぐに赤飯を用意し、醤油やポン酢、マヨネーズと合わせてみる。

思った通り、味はいまいちだった。

晴可は、やはり赤飯にはごま塩が一番だと再確認する。

 

職場へ行き、塩のことを尋ねてみると、実は”塩水”と言う形ですでに宇宙へ行ってるらしい。

そのことを聞いた晴可に残る問題はゴマだけ。

 

ではなく、主任の糸川。どちらかと言えばこっちが最大の壁だった。

 

晴可は、ごま塩のことを糸川に話そうとするが、糸川は出張でいない。

困った晴可は、尾西食品の三浦に相談するが、どうせ取り合ってはもらえないと言われる。

 

しかし晴可は、糸川に”おっ!!”と言せるようなものを作れば、話を聞いてもらえるかもしれないと考え、三浦に一緒にごま塩を開発しようと提案する。

 

休日。晴可と三浦は、尾西食品へ集まった。

晴可は、自分が初めて関わる宇宙食・赤飯をもっと良くするのが楽しくてしょうがないようだ。

 

晴可は、塩のほうは何とかなったが、ゴマをどうするかを、三浦に相談した。

そして、最初から赤飯のほうにゴマを入れておくのはどうかと提案する。

 

出来上がったものを食べてみると、意外とゴマのプチプチ感は残っていた。

しかし、フレッシュな風味は損なわれる。

さらに、ゴマに含まれる油分の酸化が早いせいで保存期間が短くなってしまう。

 

晴かは、家から持ってきた調味料を取り出し、何かヒントはないかと探してみると、ごま油に目がいった。

 

物は試しと、さっきの赤飯にかけてみると、結構いい感じだ。

残るはゴマのプチプチ感。

2人は、ごまの代用品を探すため、スーパーへ走る。

 

スーパーに来た2人は、いろんな商品を見て、1回分の小分けにすることを閃く。

彼らにとって、スーパーはアイデアの宝庫のようだ。

 

 

後は糸川に食べてもらうだけだが、肝心の糸川に会えない。

糸川さんなら3時ごろなら食堂にいるかもしれない。三浦が言う。

 

食堂に糸川がやってくる。

2人は、糸川に赤飯を一緒に食べましょうと言う。

そしてスポイトに入れられた特製のごま塩も差し出す。

中身は塩水とごま油、そしてキヌアという雑穀が入っている。

 

それを食べた糸川は、素直においしいと言った。

しかしこれを3か月後に宇宙に持っていくことができるのか?と三浦に尋ねる。

 

なぜなら、赤飯の開発の時も、健康面や衛生面、保存性など様々なチェックがあり、2年以上かかっていた。

 

しかし、三浦は、晴可といればできる。と言った。

 

晴可と三浦の想いを聞き入れた糸川は、来週、宇宙飛行士を交えてもう一度試食会をしようという話があると言う。

 

そして、その試食会でいいプレゼンができれば、宇宙食ではなく、宇宙飛行士自身のの荷物として一回分だけ持って行ってもらえるかも、と。

 

糸川は、確証はないがどうするかと、2人に聞く。

 

やります!

 

2人は即答した。

スポンサーリンク



宇宙めし! 【第4話】ごま塩 の感想

やっとできました!宇宙食用のごま塩!

 

地球で食べる分には、ごまと塩を合わせるだけのごま塩も、宇宙では粉末が飛び散り、計器類を壊してしまいます。

 

普段何気なく使っているごま塩を、宇宙へ持っていこうとするとここまで大変なんですね。

しかし、晴可と三浦の宇宙食に対する想い、宇宙で食べる人への想いで何とか形にすることができました。

そして、その想いが伝わったからこそ、糸川も考え直してくれたんでしょうね。

 

後は試食会の結果次第です。2人の想いが早く宇宙に届いてほしいです。

次回も楽しみ!

まとめ

以上、

この記事では、月刊!スピリッツの2019年4月号で掲載された”宇宙めし! 【第4話】ごま塩 ”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告