ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~第4話 最新話のネタバレと感想!

この記事では、月刊!スピリッツの2019年5月号で掲載された”ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~【第4話】アラクネの糸”のネタバレと感想をまとめています。

前回のネタバレはこちら

 

スポンサーリンク

ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~【第4話】アラクネの糸のネタバレ

ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~【第4話】アラクネの糸

 

キヌヨのお店にクリストフ・ヒッツフェルトという男がやってきました。

クリストフのブランドはとても人気です。

 

彼は昔このお店で働いていたそうで、このお店を守るために来たと言いました。

 

しかし、キヌヨがお店を継いだことを知り、キヌヨのことをバックアップしたいと申し出ます。

クリストフは、キヌヨに既製服の販売を勧めますが、キヌヨはそのつもりはないと申し出を断りました。

 

お店を出たクリストフは本音を言います。

実はキヌヨを形だけの二代目にしてお店の実権を握ろうとしていましたが、キヌヨに言われた一言で、キヌヨたちを徹底的につぶしてやろうと考えます。

 

キヌヨとハリエットがクリストフについて話していると、お客さんがやってきます。

そのお客さんはエリーシャ・エンディディ。

「黒の女王」と呼ばれる服の批評家で、黒い服しか着ないことでも有名です。

 

エリーシャはキヌヨのおばあちゃんの知り合いで、孫のキヌヨがお店を継いだことを知りやってきました。

 

しかしこれはクリストフの策略で、エリーシャにキヌヨの服を批判させ、業界で生きていけないようにすることが目的です。

エリーシャは過去にも無茶な要求をした挙句、辛口のコメントで数々のドレスメーカーをつぶしています。

 

キヌヨは、エリーシャに明るい色のドレスを提案します。

ですが、エリーシャはバンパイアで日光を遮るためにも黒い服しか着ることができません。

 

おばあちゃんのメモによると、日光を遮るにはアラクネというクモ型の幻獣の糸がいいそうです。

 

キヌヨとハリエットは、アラクネを世界で唯一養殖しているという牧場にやってきます。

しかし、アラクネの糸はクリストフがすべて買ってしまい、残っていません。

 

キヌヨは諦めて野生のアラクネを探しに行こうと考えます。

しかしアラクネの凶暴さに腰を抜かしてしまいます。

 

どうすればいいのか悩んでいると、追い打ちをかけるように大家さんから連絡がきます。

内容は、家賃を倍にさせてほしいというものでした。

これもクリストフの根回しです。

 

キヌヨは覚悟を決め、野生のアラクネのところへ行くことにします。

スポンサーリンク



ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~【第4話】アラクネの糸の感想

優しい顔で近づいてきたクリストフ。

キヌヨのおばあちゃんと同じく、考え方の合わないキヌヨに対して敵対心出しまくりです。

徹底的に潰すというだけあってやることがえげつないです。

 

何とかアラクネの糸を手に入れないとクリストフの思惑通りになってしまいます。

でも、キヌヨはものすごく凶暴なアラクネにどう立ち向かっていくつもりでしょう?

 

キヌヨは服は作れても戦闘能力はないですからね。

次回の見どころは、アラクネの糸の手に入れ方と、出来上がった服ですね。

あ、後はクリストフの悔しがる顔か。笑

まとめ

以上、

この記事では、月刊!スピリッツの2019年5月号で掲載された”ヴィーヴル洋裁店~キヌヨとハリエット~【第4話】アラクネの糸”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

スポンサーリンク