ワールドトリガー【第178話】「二宮隊」最新話のネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年5月号で掲載された”ワールドトリガー【第178話】「二宮隊」”のネタバレと感想をまとめています。

前回のネタバレはこちら

 

おすすめ記事

https://manganomadoguchi.com/post-1458/

スポンサーリンク

ワールドトリガー【第178話】「二宮隊」のネタバレ

ワールドトリガー【第178話】「二宮隊」

 

焼肉店で二宮隊とばったり会った三雲達。

最初は他愛もない話で盛り上がる。

 

そこから鳩原の話が切り出された。

三雲は、犬飼に鳩原がなぜ「むこう」に行きたがっていたのかを尋ねる。

 

その理由は、雨取と同じく、弟が「むこう」に連れて行かれたことだった。

しかし、鳩原は人を撃てないことを理由に、選抜メンバーに選ばれることはなかった。

 

そして話は次の試合のことに。

犬飼は、前回の試合ですさまじい爆撃をした雨取も警戒するとして、やはり現状は遊馬とヒュースの二枚看板が脅威だと話す。

 

その流れで、話はヒュースのことに。

小南は、嘘の情報を伝えるが、犬飼にあっさりと見破られてしまう。

 

実は、二宮たちはメディア対策室からの通達でヒュースの本当の話を知っていたのだ。

 

犬飼は、ヒュースの正体を知って強さの理由が納得できたと言った。

そして、トリオンの大きさの割には、アステロイドの威力が弱いと感じ、何か仕掛けがあるのかもとカマをかけてくる。

 

しかしそこで二宮が帰ると言ったのでこの話はおしまいに。

 

その後、三雲たちは次の試合の作戦を練る。

ヒュースのバイパーが犬飼にバレはしたものの、他のチームに使えば問題ないということに。

 

そこで二宮隊への新たな対策は、二宮にトリオンで勝てるヒュースと雨取による射撃戦だ。

その内容は、雨取がシールドを使い、フルガードしながらヒュースのトリガーで戦うというものだった。

 

しかしヒュースは、起動戦になった時のことも考えて、別の案もほしいと言う。

 

そこで、ヒュース、雨取、宇佐美、陽太郎は射撃戦の対策を練ることに、

三雲、遊馬、小南はそれ以外のパターンを考えることになった。

 

三雲たちが作戦室に行った後、ヒュースが言った。

 

雨取は本当は人が撃てるんじゃないか?と。

スポンサーリンク



ワールドトリガー【第178話】「二宮隊」の感想

二宮隊には、ヒュースの素性や、バイパーの作戦などいろいろとバレていましたね。

ですが、新たな作戦を考えるきっかけになってよかったです。

 

それはそうと、ヒュースが雨取に対して言った言葉、雨取が人を撃てるとなれば玉駒の動き方にもバリエーションが増えていいですね!

 

ヒュースが言うには、雨取は「自分が人を撃てない」と信じ込んでいる可能性があるらしいです。

では、雨取がそうなってしまった理由ってなんでしょう?

次回はその理由も明らかになると思います。

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年5月号で掲載された”ワールドトリガー【第178話】「二宮隊」”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告