魔女の怪画集【第18話】異変 最新話のネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年5月号で掲載された”魔女の怪画集【第18話】異変”のネタバレと感想をまとめています。

前回のネタバレはこちら

 

おすすめ記事

https://manganomadoguchi.com/post-1458/

スポンサーリンク

魔女の怪画集【第18話】異変のネタバレ

魔女の怪画集【第18話】異変

 

作品No101「常寝の庭」がロキの手によって封額(ふういん)され、ヒルダの一件は解決した。

 

今回のことでアンダーコートの問題も何とか片付いた。

試しにアンダーコートの移動ができるかとレーヴィに言われ、リチェがロキに手を当てるが、移動はできていない様子だ。

 

これならどうだ?

ロキがリチェを抱き寄せる。

これならアンダーコートの移動はできるみたいだ。

 

レーヴィが、サインの書き足しについて、よくやり遂げたと言うと。

 

リチェは、アイシャが手伝ってくれたと言った。

それを聞いたロキの顔を見て、リチェは微笑む。

 

リチェが頑張ったご褒美にと、ロキとリチェは町へと出かける。

そこでロキは、

これからもお前とアイシャを重ねてしまうが、だからこそお前とアイシャの何が違うのかを知りたいと言った。

 

その言葉を聞いてリチェはとても喜んだ。

 

 

財団ではクライヴがスノウを出迎えた。

クライヴは、スノウの情報力のすごさにスパイではないのか?とカマをかけるが、スノウはさらっと流した。

 

一方、リチェはロキとはぐれていた。

道を歩いているとヴァクスが飛び出してくる。

 

リチェはヴァクスを見て、ロルフさんあなたのことをレーヴィとヒルダが探していると言った。

それを聞いたヴァクス(ロルフ)は俺のことを知っているのか?と尋ねた。

そこで2人は少し話をする。

 

するとリチェを探すロキがやってくる。

リチェが振り返ると、ヴァクスの姿は消えていた。

 

 

場面はウインクルム商会に移る。

 

ザクセンが空を見上げると、大きな鳥のような物体がこちらへ突っ込んでくる。

そこに現れたのは特級学芸員・ミゲル

 

ザクセンは捕らえられ、セイクリッドメセナの特別刑務機関・天空監獄アスガルドへと連れてこられた。

スポンサーリンク



魔女の怪画集【第18話】異変の感想

今回はいろんなところで動きがありましたね。

それに合わせるかのように財団も動き出します。

今回見る限り、特級学芸員・ミゲルは相当ヤバい感じがします。

 

捕らえられたザクセンもいったいどうなってしまうんでしょう?

 

話は戻りますが、サインの書き足しの時にアイシャが現れたことを聞いた時のロキ。

漫画でも後ろ姿しか見えなかったんですが、どんな顔をしてたんでしょう?

 

ロキの顔を見て優しく微笑むリチェを見ていると、多分すごくうれしそうにしてたんでしょうね。

 

ロキとリチェのデート、母親のリラになりきっていたつもりでも、実は娼館のみんなは本当のヒルダを知っていたこと、などなど。

今回は見どころが多いので、漫画でも見ることをおすすめしたいです!

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年5月号で掲載された”魔女の怪画集【第18話】異変”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告