モナリザマニア【第7話】完全なる審美眼 最新話のネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年5月号で掲載された”モナリザマニア【第7話】完全なる審美眼”のネタバレと感想をまとめています。

前回のネタバレはこちら

 

このネタバレを漫画で読みたいと思った方はこちらもどうぞ!

https://manganomadoguchi.com/post-1458/

スポンサーリンク

モナモナリザマニア【第7話】完全なる審美眼のネタバレ

モナリザマニア【第7話】完全なる審美眼

 

カワセミが出した6枚のモナリザ。

そのうち3枚はカワセミが描いたものだ。

 

メルは、コルヴォがカワセミの描いた絵を見抜けるはずがないと考える。

 

しかしコルヴォは余裕の表情で言う。

私は完全なる審美眼を持っている。

その目線の先にはピィカがいた。

 

ピィカはあっという間にカワセミが描いた贋作を見破ってしまう。

そして3枚のモナリザはコルヴォの物となる。

 

コルヴォは、カワセミが描いたモナリザを見て、自分の下で働けと言った。

 

そしてコルヴォの野望が明らかになる。

コルヴォはモナリザだけの美術館『Mミュージアム』を作ろうとしていた。

その資金作りのために、ピィカに贋作を描かせ、さらにカワセミにそれをもやらそうとしていたのだった。

 

 

カワセミがその話を断ると、コルヴォは激怒した。

ピィカは、カワセミが贋作師に向いていないことを理由に必要ないと言った。

その話に納得したコルヴォは命の代わりにカワセミの描いた3枚のモナリザも手に入れ、2人のイタリアへの入国を永久に禁止すると言った。

 

カワセミはとメルは河川敷で話す。

メルはここからは1人でモナリザを取り返しに行くと言う。

そこでカワセミは自分の描いた羊の絵の写真を見せた。

 

メルはその絵を見て、出会った頃より数段うまくなっていると言った。

カワセミは、今まで自分の絵に足りなかった「何か」が分かりそうだと言う。

そして今までの旅はその「何か」を探すためでもあった。と。

 

カワセミは、メルにここまで2人で来たからには最後まで行こうと言った。

メルは、それなら協力者のところへ行くかと言う。

 

向かった先は「強欲の目利き」遠藤孔雀のところだった。

 

2人は遠藤に事情を話し、イタリアに連れて行ってもらえないかと頼む。

しかし遠藤は、自分に何か見返りがあるのか?と言う。

 

メルは、前回の商談の際に受け取った10億をすべて返す。と言い、頭を下げた。

 

遠藤はこの話を受け入れてくれた。

 

スポンサーリンク



モナリザマニア【第7話】完全なる審美眼の感想

カワセミの描いたモナリザをいとも簡単に見破ったピィカの審美眼。

カワセミの絵を正確に分析し、そこに含まれる1%のカワセミの「表現者」としての要素を見つけ出します。

 

この1%こそがカワセミが探している「何か」なんでしょうね。

カワセミが「ただの絵がうまい人」から成長できたのは嬉しいですが、今回はその成長があだとなってしまったところがなんとも複雑です。

 

そして「豪欲の目利き」遠藤。見返りは何か?と言いながら、10億だけではたぶん今回の話は受け入れてもらえなかったでしょう。

メルが下げ慣れない頭を下げたことで、彼を動かすことが出来たんだと思います。

顔は怖いけどいいおじいちゃんですね。

 

次回はイタリア!

そこで何が待っているのか?今から楽しみです!

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年5月号で掲載された”モナリザマニア【第7話】完全なる審美眼”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告