怪物事変けものじへん【第29話】捜査特課 最新話のネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年5月号で掲載された”怪物事変【第29話】捜査特課 ”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のネタバレはこちら

続きはこちら!

スポンサーリンク

怪物事変けものじへん【第29話】捜査特課 のネタバレ

怪物事変【第29話】捜査特課

 

夏羽が自分は怪物屋であることを話すと、大蛇はそれを信用してくれた。

 

それを狐の石像の目を通して見ていた赤城。

赤城は流結石のある場所が天ヶ渕だと言うことを知る。

 

 

一方、シキは焼け落ちた村を見て、これが本当の八つ首村の姿だということを知る。

 

花楓は、シキに強力な攻撃を仕掛けてくる。

シキは攻撃から逃げるので精一杯だ。

シキは、隠神から言われたことを思い出す。

狐の中には炎か幻、どちらかしか使えない代わりに、強力な攻撃を繰り出すことができる「特化型」というものが存在することを。

そして万が一出会ってしまったときには即逃げろとも。

 

シキは、とうとう花楓に見つかってしまう。

が、糸を使い何とか切り抜け森へと逃げ込む。

 

シキがつり橋を渡ろうとした時、その行く手に花楓がやってきた。

花楓は自分の強さの次に嗅覚が自慢らしい。

 

 

花楓が炎を使いシキにとどめを刺そうとする。

すると、いきなり吊り橋が溶けだした。

 

実は、この吊り橋はシキが熱で溶ける糸で作り出したものだった。

 

身動きの取れない花楓に、自分が出した炎が落ちてくる。

花楓は、自分の炎で焼かれながら谷底へと落ちて行った。

 

 

その頃、夏羽と大蛇は天ヶ渕に向かって走る。

が、

赤城の作り出した幻のせいで辿り着くことが出来ない。

 

夏羽は、自分たちが今いる場所を知るために木に登る。

すると、木に登る途中でめまいがした。

自分に何が起こったのか分からない夏羽。

 

そこへ、ドシャッという鈍い音が聞こえた。

 

夏羽が木から降りると、そこには首を切り落とされ倒れる大蛇の姿が…

 

スポンサーリンク



『怪物事変』の漫画を今すぐお得に読む方法!

怪物事変【第29話】捜査特課 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあればお好きな漫画の単行本を2~3冊無料で読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ公式サイトへ!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

怪物事変けものじへん【第29話】捜査特課 の感想

花楓の攻撃は、食らえば一撃でやられてしまうほどの強力な攻撃でしたが、シキの頭脳プレーで何とかやっつけることが出来ました。

まさかあの吊り橋が偽物だとは思いもしませんでした。

 

花楓を倒すことが出来ましたが、厄介な相手がもう1人。

赤城の作り出す幻にも苦戦させられそうです。

これをどうにかしないと、流結石のある天ヶ渕にたどり着くことができませんからね。

 

そして大蛇の無残な姿。これを誰がやったのかも気になります。

まさかもっとヤバいヤツが潜んでいるのか?

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年5月号で掲載された”怪物事変【第29話】捜査特課 ”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告