この音とまれ!【第79話】分かれ道(後編)最新話ネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年6月号で掲載された”この音とまれ!【第79話】分かれ道(後編)”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のネタバレはこちら

スポンサーリンク

この音とまれ!【第79話】分かれ道(後編)のネタバレ

この音とまれ!【第79話】分かれ道(後編)

 

みっつの家では小さい子供がバタバタと大変だ。

自分の母親が毎日こんなに大変なことをしているのかと思った。

 

みっつは、学校に行ってからは使える時間はすべて練習をした。

しかし、自分の使える時間の少なさに心が折れそうになる。

 

その時、さとわがみっつのパートだけを弾いたものを、録音して渡してくれた。

みっつが自分なりの色を付けれるようにと、できるだけ色は付けていないと言った。

 

みっつは、弱気になった自分をもう一度奮い立たせる。

だが、周りのみんながどんどん前に進んでいるのに対して、自分はこんな練習量ではと不安ばかりが大きくなっていく。

 

一週間が経ち、みんなで合奏をした時、周りとの差がこんなにも広がっていることに気付いた。

そして、とうとう自分が足を引っ張っていると口にしてしまう。

周りはそんなことはないと言うが、桃谷だけは違った。

 

桃谷は、みっつ自身が足を引っ張っているという自覚があるのなら、変な意地を張らないで楽譜を簡単にしてもらえと言った。

 

サネが桃谷に食って掛かるが、桃谷は表面上だけの励ましに意味はあるのかと言う。

全員が言葉を詰まらせた。

 

みっつは桃谷の言う通りだと言い、その場を去った。

スポンサーリンク



この音とまれ!【第79話】分かれ道(後編)の感想

小さい子供たちがいると自分のやりたいこともできないので、みっつの気持ちはとてもよく分かります。

その中でも必死に練習しているのに、周りとの差が開いていくばかりだと、心が折れるのも仕方がないかもしれません。

実際、自分なら桃谷にはっきりと言われて気が楽になれたと思います。

 

みっつはどうでしょう?

このつらい時期を根性で乗り越えるのか、それともみんなに迷惑をかけないように簡単なパートに変更するのか。

どちらにしても、みんなはみっつと一緒に演奏することを望んでいると思います。

 

負けるなみっつ!

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年6月号で掲載された”この音とまれ!【第79話】分かれ道(後編)”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告