デカニアラズ【第3話】月とナイフ 最新話ネタバレと感想!

この記事では、月刊!スピリッツの2019年月号で掲載された”デカニアラズ【第3話】月とナイフ ”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話も、花田と哲路が悪人を懲らしめてくれました。

 

前回のネタバレはこちら

 

今回はどんな事件が起きるのでしょうか?

それでは『デカニアラズ』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

デカニアラズ【第3話】月とナイフのネタバレ

デカニアラズ【第3話】月とナイフ

 

花田は、コンビニで酒を万引きしようとする少年を見つける。

逃げ出す少年を追う花田だが、偶然通りかかった鉄路が少年をかくまい、取り逃がしてしまう。

少年は、鉄路の車で家に送ってもらう。

少年が家に帰ると、父親が待っていた。

 

父親は酒はどうした?と、少年に聞く。

少年は、警察に見つかってしまい、持ってないと答えた。

 

父親は、それなら仕方がないと覚せい剤を取り出した。

少年は、お酒は何とかするからそれだけはやめてと言う。

父親は、泣きつく少年に暴行を加える。

 

 

花田の携帯に鉄路からメールが届く。

鉄路が調べたところ、少年の父親は麻薬の常習犯らしい。

鉄路は、花田に少年を助けてやれと言った。

 

その夜、少年の家に鉄路がやってきた。

鉄路は、父親を軽擦に連れて行くと言う。

少年は父親を連れて行かないでと頼む。

 

そこへ、もう1人のマスクをかぶった男(花田)が言う。

父親を警察に連れて行っていみがあるのか?と。

 

花田が言うには、父親が逮捕されたとしても、初犯の場合は執行猶予が付くだけ。

せいぜい民間のリハビリ施設に入れられるだけで半年後には社会復帰。

薬物の再犯率は70%。また同じ生活に戻るだろうと。

 

鉄路は言う。

それなら薬物だけではなく、刃物での傷害もあれば実刑で10年くらい話あるだろうと。

 

鉄路は、大人になるまでの時間を稼げと少年に言った。

その意味を悟った少年は覚悟を決める。

 

 

花田が署に戻ると、マンションで少年が刺される事件が起きたという。

花田は、先輩の三木元と共に現場へと向かう。

 

腹を刺された少年は、幸いにも内臓や大きな血管を傷つけておらず、命に別状はない。

少年は、父親に刺されたと言った。

 

 

病室にいる少年。

その顔は笑っていた。

スポンサーリンク



デカニアラズ【第3話】月とナイフの感想

花田と鉄路は、法では助けることができない少年を救い出すことができました。

 

少年は、鉄路に父親をとるか自分のこれからの時間をとるかの問いに、正しい選択をしたと思います。

これからの少年の未来が明るい未来になってくれるといいですね。

まとめ

以上、

この記事では、、月刊!スピリッツの2019年月号で掲載された”デカニアラズ【第3話】月とナイフ ”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話では、麻薬中毒の父親から暴行を受けている少年を、花田と鉄路路が見事に救い出してくれました。

 

次回はどんな事件が待っているのでしょうか?月刊!スピリッツ8月号は、6月27日(木)に発売です。

 

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告