この記事では、2019年5月29日発売の週刊少年マガジン26号で掲載された”ランウェイで笑って 最新第95話「ジグソーパズル 」”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

悩んでいた人間関係が少しづつ好転し、コネ入社と無視されていた中で都村

が実力や仕事への態度を同僚から認められたものの、コレクションに出品する服が1着まだ仕上がっていない。

という内容でした。

 

今回のお話も気になりますね。

それでは『ランウェイで笑って』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ランウェイで笑って 最新第95話「ジグソーパズル 」のネタバレ

ランウェイで笑って 最新第95話「ジグソーパズル 」

 

大きなコレクションが開かれる前のファッションショー、カプセルコレクションに向けてデザイナーの柳田から受け取ったデザイン画の中で最も難しい服を作ることに主人公の都村は挑戦します。

しかしデザインにこだわるあまり、モデルが服を着て歩いた時、服の形が崩れてモデルの肌を傷つけてしまいました。

 

「これは服じゃない」と一から服作りを考え直していると、トイレで同僚のパタンナーが話しかけてきます。

その会話の中から、都村は学生時代に柳田のブランドのファッションショーを手伝った時の服の構造を思い出しました。

そこから針金を中に入れて布地を中で吊るす方法を思い付き、服は一度完成します。

 

周りは都村を評価し、ライバル視していたパタンナーも驚いていますが、都村は納得いかない表情。

「何かが違う」そう思いながら街中で佇み、今でのことを思い出していると、ふと頭の中に今回のカプセルコレクションに関して今までした会話が蘇ります。

 

そこから都村は何かを思い付き、服を一から作り直すことに。

同僚からは反対されますが「デザイナーのコンセプトを考えるのならこちらの方がいい」と主張し頭を下げました。

 

都村の熱意が伝わり、服の設計までを都村が行うことを条件に同僚は承諾、服を作り直します。

カプセルコレクション当日となり、都村と先輩パタンナーはニューヨークへ向かう飛行機に乗っています。

スポンサーリンク




もう試しましたか?電子書籍も読める動画配信サービス(無料期間あり)

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

このネタバレの内容を漫画で読んでみたい!単行本の発売まで待てない!

と思った方、

  • U-NEXT
  • music.jp
  • FODプレミアム

という動画配信サービスはもう試しましたか?

 

この3つの動画配信サービスには、無料で利用できるお試し期間があり、さらにお試し期間中でも電子書籍の購入などに使えるポイントをもらうことができます。

 

こちらの記事で詳しくお伝えしているので、よろしければご覧ください。

 

わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍、おすすめですよ。

ランウェイで笑って 最新第95話「ジグソーパズル 」の感想

元々、技術が秀でた先輩パタンナーよりも「デザイナーの意図を汲み取ることに長けている」と評価されていた主人公・都村が、

服を作りながら違和感に気づき、大変な思いをして仕上げた服を「デザイナーのコンセプトに沿う」服にするために一から作り直す決断をするところがとても好きです。

都村が何を思い付き、どんな風に服を仕上げたのか、今回の話では出てこないので、今後の話で種明かしされるのが楽しみです。

まとめ

以上、

この記事では、2019年5月29日発売の週刊少年マガジン26号で掲載された”ランウェイで笑って 最新第95話「ジグソーパズル 」”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

・服が中々完成しないところへ、同僚から話しかけられてアイディアを得る。

・一度は服を完成させるが、何かが違うと悩み、服を一から作り直す。

・服が完成し、ニューヨークへ向かう。

 

都村が何を思い付き、どんな風に服を仕上げたのか、今回の話では出てこないので、今後の話で種明かしされるのが楽しみです。

 

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告