モナリザマニア【最新9話】ふたりのアーティスト ネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年7月号で掲載された”モナリザマニア【最新9話】ふたりのアーティスト”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話では、

カワセミはとメルの活躍によって、コルヴォの野望を阻止することに成功しました。

 

前回のネタバレはこちら

 

ピィカは、これでやっとコルヴォの呪縛から解放されそうですね。

それでは『モナリザマニア』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

モナリザマニア【最新9話】ふたりのアーティストのネタバレ

モナリザマニア【最新9話】ふたりのアーティスト

 

カワセミとメルの作戦によってコルヴォの野望はくだかれた。

 

コルヴォは、本物のモナリザを持って逃亡しようとする。

そこへやってきたピィカは、あなたも、あなたの夢ももう終わりと、コルヴォに言った。

 

追い詰められたコルヴォは、モナリザを壊してしまう。

 

 

メルたちは、ピィカを炎堂の別荘に連れてきた。

メルは、ピィカに見せたいものがあると言う。

 

そこには2枚のモナリザが。

1枚はカワセミがイタリアに来てから描いただと言う。

実はコルヴォが壊したモナリザは、本物ではなくマフィアがすり替えた偽物だったのだ。

 

メルは、ピィカにもう1度どちらが本物か選んでほしいと言う。

2枚のモナリザを目にしたピィカは、その審美眼をもってしてもどちらが本物か分からない。

 

カワセミは、ピィカの審美眼以上のモナリザの絵を描くことによって、ピィカは決して贋作師ではないということを伝えたかったのだ。

 

ピィカが、カワセミって何者と訊く。

メルは、気になるなら見て来いよと言った。

 

ピィカは、カワセミの部屋に行く。

そこにはとても大きな羊の絵が描かれていた。

 

ピィカは、この絵は誰の模写?とカワセミに訊く。

カワセミは、自分が勝手に書いたものと返した。

 

カワセミのことを河贋作師だと思っていたピィカは、カワセミが自身のことをアーティストと言ったことに、下を向く。

 

カワセミは、この絵にはフィンチ村にあったピィカの絵の影響をバリバリ受けていると言う。

ピィカは、私にはこんな絵を描くことはできない。できれば自分もカワセミのようなアーティストになりたかったと言った。

 

そこへやってきたメルが、それならこれからなればいいと言う。

ピィカは、マフィアの持っている作品リストから、自分のしたことはバレてしまうから今更ムリだと返す。

 

そこでメルが言う。

お前の描いてきた贋作は、炎堂がコレクションとして回収したいと言っていると。

炎堂には、模写だけの美術館を作る予定があるそうだ。

 

どうしてそこまでしてくれるのか?ピィカは言った。

メルは、美術が好きだから、これからのアーティストを逃す訳にはいかないと返す。

ピィカは、涙を流し笑った。

 

 

空港。カワセミとメルの次の目的地はルーブルだ。

 

スポンサーリンク




単行本よりも先に最新話を絵付きで見る方法が1つだけあります!

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

このネタバレの内容を漫画で読んでみたい!

と思った方、U-NEXTという動画配信サービスはもう試しましたか?

 

U-NEXTには31日間無料&600円分のポイントでお試しできるキャンペーンがあり、登録の際には「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本が1冊だけ無料で読めます。

 

また、漫画を読んだ後はいろんな動画を見て楽しむこともできます。

 

注意点は2つだけ

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんのでご安心を。

 

U-NEXTの詳細はこちら

【ジャンプSQ最新号をUNEXT無料登録時特典600円分ですぐに読む】

モナリザマニア【最新9話】ふたりのアーティストの感想

ピィカももう一度やり直せることになってよかったです。

またアーティストとしてやっていけることが分かった時の笑顔には、こちらまで涙ぐんでしまいました。

 

それにしてもカワセミも、いろんな絵を模写し、ピィカのような天才から刺激を受けることによって、アーティストとして確実にレベルアップしています。

この旅が終わった時、全ての集大成として描かれる絵がどんなものになるのか楽しみですね。

 

そして、次の目的地はいよいよルーブル。

何だか物語が終わり近づいていくようでさみしいですけど、まだまだ続いてくれることを願っています!

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年7月号で掲載された”モナリザマニア【最新9話】ふたりのアーティスト”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

・カワセミは、アーティストとして確実にレベルアップしている。

・ピィカが描いてきた贋作は炎堂が回収することに。

・ピィカは贋作師ではなく、アーティストとしてやり直せることになった。

・カワセミたちの次の目的地はルーブル。

という内容でした。

 

次の目的地はいよいよルーブル。どんな展開になるのか今から楽しみです!

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

モナリザマニア【最新第10話】メルと微笑む女のネタバレと感想!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告