この記事では、2019年5月13日の別冊マーガレット2019年6月号で掲載された”君がトクベツ【最新第3話】”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話では、

目立たない女子高校生のさほ子は、過去のトラウマでイケメンが大嫌い。恋愛をせずに1人で生きていくと決めていたのに…。

突如現れた国民的アイドル桐ヶ谷皇太に、恋をしてしまいます。

彼の家で壁ドン体験したり、ピンチを助けてくれたりと、かっこいいところ見せられっぱなしで…ドキドキが止まりません!

恋をしないと決めていたさほ子に、恋の到来…しかも、相手は国民的アイドル!?

という内容でした。

 

今回はどんな展開になるのでしょうか?

それでは『君がトクベツ』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

君がトクベツ【最新第3話】のネタバレ

君がトクベツ【最新第3話】

 

さほ子が店の手伝いをしていると皇太が店に来ていました。
どうやら寝入ってしまっている様子。
さほ子が近づくと皇太は急に目を覚まし、さほ子の手を握ってきました。

 

驚くさほ子。
恋を自覚してしまってからはこんなささいなことですらびっくりしてしまうようになってしまいました。
さらに皇太の過去の活動についてもチェックを入れるようになる惚れっぷりです。

 

恋した相手をいつでも見放題に聴き放題なんて頭がおかしくなる!
アイドルに恋するっていいもんだなぁ…とほくほくするさほ子。

しかし自信が出るまでは絶対に焦らないとも心に決めました。

 

 

次の日友人から皇太の大人っぽい写真を見せられて…内心かなりドキドキしているけれど、友達の前では興味ないフリをするさほ子なのでした。

恋愛について気になることを、かなり遠回しに友人に尋ねます。

 

友人から、「見てるだけじゃ結ばれない。1人で気持ちを膨らましてるうちはファンと変わらない。」という言葉を受けて納得するさほ子は、皇太とのLINE交換を意識し始めます。

そうはいっても相手は国民的アイドル。
LINEを聞いて困らせてしまう可能性も充分あり得ます。

「だからといってこのままではただのファンと変わらない…私はあの人のファンになったんじゃなくてあの人に恋をしたんだ…」その思いはだんだん強くなります。

 

 

学校から帰るとまた皇太が店に来ていました。

そこで、ひょんな事からさほ子が皇太のアイドルグループのDVDを見ていることがばれてしまいます。

これには皇太も歓喜!

しかしさほ子は恥ずかしさからか、皇太とは違う人のファンになったと告げてしまいます。

涙を流す皇太…やだやだやだ!とまるで子供のように悲しみます。

泣きやんだかと思えば今度は男前の顔で「これからもっとドキドキさせてあげるから覚悟してね」と告げて店を出ていくのでした。

ドキドキも何も既にキャパオーバーなさほ子…なんだか今は別にファンのままでもいい気がしてきます。

 

 

学校にて。

友人のゆう子の、恋をする姿がかわいいと思ったさほ子は、少し女を意識したのか、薬局で

リップを試し塗り。
しかし絶望的に似合わないことにショックを受けます。

 

そこに現れたのはなんと帽子を深くかぶりマスクをつけた皇太です。
皇太ははさほ子の反応から彼女に好きな人ができたことを察します。

しかし誰とは言わないさほ子。
しかも今はデートなどしなくても、ただ見ているだけで良いと言う自身の心境を語ります。

 

そんなさほこ子に、皇太は「今はって言えるのって当たり前に先があると思ってるからなんだよね。恥ずかしくても自信なくても今動かなきゃいけない時って絶対あると思うよ!」とアドバイス。

 

 

その夜さほ子が家に帰ると、母からヘルニアの手術のためしばらく店を休業すると言う知らせを受けます。

皇太との接点だった店が休業…これからは彼に会えなくなってしまいます。

 

 

あっという間に1週間が経ち…さほ子はようやく、皇太が店に来てくれなくなったらもう二度と会えなくてもおかしくないんだと言う現実を知ります。

そんな中、友人の裕子から皇太が近くでドラマの撮影をしていると言う知らせが入ります。

 

 

さほ子は現場に行ってみることにしました。

ファンに取り囲まれながら仕事中の皇太がそこにはいました。

そして、何やら不良っぽい男の2人組が幸田に野次を飛ばしているようです。

「まじ撮影とか早く終わらしてくれませんか。愛嬌振りまくしかねんだからさぁ、ばーか!」

 

さほ子は思わずその人たちのもとへ。

「あの人は真剣なんです。邪魔しないでください!」

 

そういったところ周りのファンからは拍手が上がりますが、不良グループは「ガチ恋ファンきもいわ。」という言葉を吐いて去っていきました。

 

 

さほ子は家に帰り、自分が本当にただのファンになってしまったことを実感し涙を流してしまいます。

店で料理をしていると、皇太がやってきました。

皇太も先程の騒動の事は気づいていたようで、「すごく嬉しいけど危ないからあんな事はもうやめてね」といいます。

 

再び会えた喜び…また失ってしまうかもしれない不安…そんな思いが入り乱れる中、さほ子はついに皇太にLINEを教えてくれないかと申し出ます。

なんと皇太はあっさりオーケーをだしてくれました。

 

今この瞬間、さほ子はやっとファンから本当の恋へ発展する第一歩を踏み出すことが出来たのでした。

スポンサーリンク




もう試しましたか?電子書籍も読める動画配信サービス(無料期間あり)

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

このネタバレの内容を漫画で読んでみたい!単行本の発売まで待てない!

と思った方、

  • U-NEXT
  • music.jp
  • FODプレミアム

という動画配信サービスはもう試しましたか?

 

この3つの動画配信サービスには、無料で利用できるお試し期間があり、さらにお試し期間中でも電子書籍の購入などに使えるポイントをもらうことができます。

 

こちらの記事で詳しくお伝えしているので、よろしければご覧ください。

 

わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍、おすすめですよ。

君がトクベツ【最新第3話】の感想・まとめ

今回のお話を簡単にまとめると、

・さほ子は自分の恋心を自覚
・でも自身がなくて、恋人というよりはただ見ているだけでいいという場所に落ち着いてしまう
・「そんなのはただのファンだ」という指摘を友人からうける
・さらには不良グループに「ガチ恋ファン」と呼ばれてショックをうける。
・そんな中、皇太との唯一の接点であった店が休業…さほ子はついに、自分がただのファンのポジションに落ち着いてしまっていたことを自覚し、涙をながす。
・そんなとき皇太と再び出会うことが叶い、LINE交換に成功!ただのファンから一歩を踏み出すことができたのであった。

という内容でした。

 

やっと自分の恋を自覚して動きだすことができたさほ子でしたが…
「ただのファン」と「恋をする」ことの意味をどうやらはき違えてしまっているようでしたね。

そんなさほ子でしたが友人の言葉や当の本人である皇太からのアドバイスで、やっと恋への第一歩を踏み出すことに成功します!

まずはプライベートでも連絡がとれるようにLINE交換から!
さほ子にとっては、これを聞くだけでも相当勇気を必要としたことでしょう…。

恋に不慣れなさほ子、しかも今度の相手は国民的アイドル…いったいさほ子には今後どんな困難が待ち受けているのでしょうか!

 

以上、

この記事では、2019年5月13日の別冊マーガレット2019年6月号で掲載された”君がトクベツ【最新第3話】”のネタバレと感想を紹介しました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連記事と広告