フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第20話】ネタバレと感想!

この記事では、2019年6月12日発売の別冊少年チャンピオン2019年7月号で掲載された”フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第20話】登攀(とうはん)”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話では、ゼルヴァンスの世界にやってきたココたちが見つけた巨大生物の上から『激動旅伝』の改訂版が降ってきました。

ココたちは、巨大生物の上には人がいると考える。

という内容でした。

 

前回のネタバレはこちら

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第20話】登攀(とうはん)のネタバレ

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第20話】登攀(とうはん)

 

ココたちが巨大生物に登り始めて5時間半、そろそろ2回目の振動がやってくる。

船で待つコークスは、本当にあの巨大生物の上に人がいるのかな?と言った。

 

 

一方、巨大生物の足を上っているココたちに花のような生物が襲ってくる。

どうやらこの巨大生物には様々な動植物が共生しているようだ。

 

この巨大生物は、3時間に一歩進み、その際に激しい振動が起こる。

もう少しで登り始めて2回目の周期的振動の時間だ。

 

巨大生物に上るココ、チャコ、ラウ、サイダの4人は、体をロープで固定した。

その時、巨大生物が進み振動が起こった。

 

次の振動まで3時間。

ココたちが、先を急ごうとした瞬間、予期せぬ振動が起こる。

ココたちは身を投げ出される。

ココたちは、地面に激突するのを覚悟した。

 

そこに現れたのが、六つ目の生物だ。

六つ目の生物は、大きくジャンプし、ココたちを助けた。

そして、お前たちうまそうだなと言った。

 

ココが、食う気か?と訊くと、

六つ目の生物は、そんなことはしない。上にあるごちそうと腹ペコで向き合いたいと言った。

 

ココたちは、なりゆきで六つ目の生物と一緒に上を目指すことになった。

 

 

巨大生物に上り始めてそろそろ12時間。ココたちは、4度目の振動に備えるとともに、少し睡眠をとることにする。

 

ココが、あの予期せぬ振動はなんだったなんだったのか?と考える。

六つ目の生物は、手だけでしがみつくのはしんどくて、口で噛みついてみた。と言った。

原因はこの六つ目の生物だったようだ。

 

ココたちは目を覚ますと、また上へと向かう。

辿り着いた頂上には、木々が育ち池もある。そして建物も。

 

そこには、ゼルヴァンスの元クルー・エコスがいた。

エコスはこの世界にやって来て200年だと言う。

そしてプレゼントと言い、1枚の紙をくれた。

 

エコスは、この場所には危険が無い。日に8度の振動はあるがなれれば問題もない。私が築いた楽園だと言った。

その時、またしても不定期な振動が起きた。

六つ目の生物が、巨大生物の目玉を食べていたのだ。

 

エコスは六つ目の生物を見て、お前たち、テフを連れてきたのか。とココたちに言った。

 

たくさんある巨大生物の目を食べ続けるテフを、エコスがやめさせようとする。

テフは、今は食事中だと言い、エコスを殺してしまった。

 

 

船から巨大生物を見ていたカフェルたちは、巨大生物が小刻みに震えていることに気付く。

すると、巨大生物は足元から崩れ、倒れてしまう。

 

ココたちは、海に飛び込むことで助かった。

船でエコスからもらった紙を見せる。

それはこの世界の地図だった。

 

ココは、テフのせいでエコスから何も聞けなかったと言う。

しかし、テフがいなければ自分たちは死んでいた。

 

テフはなぜ俺たちを助けたのか?

 

スポンサーリンク



フルアヘッド!ココ ゼルヴァンスの最新話を含む別冊少年チャンピオンを無料で読む

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【第20話】登攀 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあれば『別冊少年チャンピオン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第20話】登攀(とうはん)の感想

ココたちと六つ目の生物・テフがついに接触。

テフは、敵なのか味方なのか今のところはっきりとしませんね。

 

せっかくゼルヴァンスの元クルーに会うことができたのに、詳しいことが何も聞けずに残念です。

でも、この世界に人がいたっていうことは、他にもどこかにゼルヴァンスのクルーがいる可能性は大ですね。

とりあえずこの未知の世界の地図を手に入れることができただけでもよしとしましょう。

 

ところでバーツたちは、まだ出てこないんですかね?

まとめ

ということで、

この記事では、、2019年6月12日発売の別冊少年チャンピオン2019年7月号で掲載された”フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第20話】登攀(とうはん)”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

・巨大生物の上にはゼルヴァンスの元クルー・エコスが住んでいた。

・六つ目の生物の名前はテフ。

・テフは、なぜココたちを助けたのか?

という内容でした。

 

次回はバーツたちの状況も分かるといいですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第21話】のネタバレと感想!

スポンサーリンク