グッバイ、ノーベル【最新第6話】人生って ネタバレと感想!

この記事では、2019年6月28日発売の月刊!スピリッツ2019年8月号で掲載された”グッバイ、ノーベル【最新第6話】人生って”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話を簡単にまとめると、

  • 2人の小説は大賞にならなかった
  • でもそれは副編集長・一ノ瀬の作戦だった
  • ナヲキが手紙を綴った相手・東頭は来ていなかった
  • ナヲキとすずは小説を書くのを続けることにした

という内容でしたね。

 

前回のネタバレはこちら

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『グッバイ、ノーベル』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

グッバイ、ノーベル【最新第6話】人生ってのネタバレ

グッバイ、ノーベル【最新第6話】人生って

 

すずは明日から夏休み。

友達から駅前のタピオカのお店に誘われたが、これから出版社に呼び出されていることを理由に誘いを断る。

 

出版社に着くと、すずとナヲキが書いた作品『還らない手紙』が審査員特別賞を受賞したことを知らされた。

そして、ここからが本題。すずに次の作品に取り掛かってほしいと言われる。

 

ここで、すずの新しい担当・一ノ瀬がやってくる。

一ノ瀬は、次の作品について「君自身のこと、君の書きたいこと」を書いてほしいと、すずに言った。

 

 

話し合いが終わり帰る途中、すずとナヲキの前に行き倒れの女性が。

その女性は、すずの愛読する漫画『恋の君』の作者・花椿だった。

 

花椿は、漫画の最終回の原稿が中々進まないと言う。

この漫画ほどの情熱が注げる作品、書きたいことが見つかるか分からず、踏ん切りがつかないそうだ。

 

すずも次回作の書きたいことが分からないことを告げる。

花椿と話をして、何かを思いついたようなすずは、その場を後にした。

 

 

すずは、福岡にあるおじいちゃんの家へとやってきた。

そして、この日はお祭り。川では精霊流しをしている。

実はすずのおばあちゃんの初盆だった。

 

灯ろうを流し終わった後、すずの携帯が鳴る。

それは『恋君』の最終話更新のお知らせだった。

 

すずは、おばあちゃんが亡くなって事について、悲しいし寂しいと感じていた。

しかし、こんな時でも『恋君』は面白い。

悲しい・寂しい・楽しいが一緒になるなんて、人生ってまじエモいとすずは言う。

 

そして、自分もこんなのが書きたいと言った。

スポンサーリンク



単行本よりも先に最新話を絵付きで見る方法が1つだけあります!

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

このネタバレの内容を漫画で読んでみたい!

と思った方、music.jpという動画配信サービスはもう試しましたか?

 

music.jpには30日間無料&961円分のポイント+1500円分の動画ポイントでお試しできるキャンペーンがあり、登録の際には「月刊!スピリッツ」or好きな単行本が1冊だけ無料で読めます。

 

また、漫画を読んだ後は最新の映画を見て楽しむこともできます。

 

注意点は2つだけ

  • プレゼントされたポイントを超える漫画の購入や動画の視聴
  • 登録日から30日の無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければどんなに楽しんでも料金は一切かからないのでご安心を。

 


【月刊!スピリッツ最新号をmusic.jp無料登録時特典961円分ですぐに読む!】

グッバイ、ノーベル【最新第6話】人生っての感想・まとめ

ということで、

この記事では、2019年6月28日発売の月刊!スピリッツ2019年8月号で掲載された”グッバイ、ノーベル【最新第6話】人生ってのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • すずは次の作品に取り掛かってほしいと言われる。
  • 花椿と話すことで何かを思いつく。
  • 福岡にあるおじいちゃんのところで、おばあちゃんの初を迎える。
  • 次の作品にむけて動き出す。

という内容でした。

 

まさかすずの担当がナヲキが生きていたころの担当・一ノ瀬になるとは。

これはもしかしたら、ナヲキと東頭が会うための伏線になるかもしれませんね。

 

そして、次の作品に取り掛かるよう言われたすず。

何を書いたらいいか悩みますが、『恋君』の作者・花椿が言った「過去の後悔も物語でなら取り戻せる」という言葉に反応していました。

 

ということは、すずにも何か取り戻したいものがあったんですかね?

また、そのことが第1話ですずが死にかけていた理由とも関係しているという可能性も考えられます。

 

次回からは何か面白い展開が起こりそうで楽しみになってきました。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク