モナリザマニア【最新第10話】メルと微笑む女のネタバレと感想!

この記事では、2019年7月4日発売のジャンプスクエア2019年8月号で掲載された”モナリザマニア【最新第10話】メルと微笑む女”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話を簡単にまとめると、

  • カワセミは、アーティストとして確実にレベルアップしている。
  • ピィカが描いてきた贋作は炎堂が回収することに。
  • ピィカは贋作師ではなく、アーティストとしてやり直せることになった。
  • カワセミたちの次の目的地はルーブル。

という内容でしたね。

 

前回のネタバレはこちら

 

舞台はいよいよルーブル美術館に。今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『モナリザマニア』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

モナリザマニア【最新第10話】メルと微笑む女のネタバレ

モナリザマニア【最新第10話】メルと微笑む女

 

メルとカワセミはルーブル美術館へとやってきた。

有名な作品を前にして、大はしゃぎのカワセミ。

 

メルは、そんなカワセミを引っ張って館長のところへと向かう。

 

メルたちが集めた5枚のモナリザの鑑定結果がでる。

なんと5枚のモナリザは、すべて16世紀ごろのものと判別され、ほぼ間違いなく本物のモナリザだった。

 

それを聞いたルーブル美術館の館長・コロンブは、メルに頭を下げ礼を言う。

しかし、ルーブル美術館がニセモノのモナリザを展示していた事実は言う必要がないと言った。

 

その言葉に怒るメル。

 

だが、真実を話すことで、コルヴォの件に関わったメルだけでなくカワセミも巻き込まれるかもしれないと言うコロンブの言葉に黙り込むメル。

 

コロンブは、十分な謝礼をすると言い部屋を出ていく。

メルも悔しそうにその場を後にする。

 

1人になったカワセミのところへ、モナリザの鑑定をした化学班の人たちがやってきた。

化学班の人たちは、メルのために何かできることがあれば…と言う。

カワセミは何かを思いつき、力を貸してほしいと言った。

 

 

会見をしているコロンブのところへ、大勢のマスコミが駆け付ける。

マスコミの質問は、なぜモナリザをあのような展示にしたのか?というものだった。

 

何を言われているのか分からないコロンブは、モナリザのところへ向かう。

そこには5枚のモナリザが飾られていた。

 

マスコミの質問に答えられないコロンブのところへカワセミがやってくる。

カワセミは、スピーチ文が書かれた紙をコロンブに渡す。

 

コロンブがその紙を読み上げる。

そこには、この5枚のうち4枚は、モナリザ盗難事件の時に出回った贋作で、ルーブルはその贋作を見つけたので回収したという成果報告をかねた会見だ。と書かれていた。

 

カワセミは、コロンブに代わってモナリザ回収の経緯を話す。

残り2枚になったところでルーブルの職員がカワセミを止めに入る。

 

そこへメルがやってきた。

メルは、ルーブルが5枚のモナリザの世界巡回展を行う考えがあると発表する。

メルの発表により、対応に追われるコロンブ。

 

メルの目的は達成された。

次はカワセミの番だと、メルは言った。

スポンサーリンク



単行本よりも先に最新話を絵付きで見る方法が1つだけあります!

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

このネタバレの内容を漫画で読んでみたい!

単行本が発売されるまで待てない!

と思った方、U-NEXTという動画配信サービスはもう試しましたか?

 

U-NEXTには31日間無料&600円分のポイントでお試しできるキャンペーンがあり、登録の際には「ジャンプスクエア」or好きな単行本が1冊だけ無料で読めます。

 

また、漫画を読んだ後はいろんな動画を見て楽しむこともできます。

 

注意点は2つだけ

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんのでご安心を。


【ジャンプSQ最新号をUNEXT無料登録時特典600円分ですぐに読む】

モナリザマニア【最新第10話】メルと微笑む女の感想・まとめ

ということで、

この記事では、2019年7月4日発売のジャンプスクエア2019年8月号で掲載された”モナリザマニア【最新第10話】メルと微笑む女”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 5枚のモナリザは、全て本物と判別された。
  • しかし館長のコロンブは真実を話すつもりがない。
  • カワセミは、5枚のモナリザを展示するという作戦に出る。
  • ルーブルに本物のモナリザを展示するというメルの目的は達成された。

という内容でした。

 

とうとうルーブルに本物のモナリザを展示するという、メルの目的は達成されました。

今回の舞台がルーブルに移ることで、この物語も終わりに近づいていってるんだろうなぁと思っていたら、最後に「次号クライマックス」の文字が。

 

モナリザマニア面白くて大好きだったのに終わってしまうんですね。

もっといろんな絵画との出会いが見たかったのに残念です。

 

最終回はどんな展開になるんでしょう?

モナリザをめぐる旅の中で成長したカワセミの集大成といわれるような素敵な絵を描いてくれるんですかね?

それとも、メルと新たな絵画を探す旅に出るとか?

 

この物語がどんな終わり方をするのか、さみしいけど楽しみでもあります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

モナリザマニア最終回【最新第11話】ネタバレと感想!その名はカワセミ!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告