神威事変-カムイジヘン-【最新第3話】ネタバレと感想!

この記事では、2019年7月9日発売の別冊少年マガジン2019年8月号で掲載された”神威事変-カムイジヘン-【最新第3話】”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話では、

マザーがあまりにも巨大だということが判明しました。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『神威事変-カムイジヘン-』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

神威事変-カムイジヘン-【最新第3話】のネタバレ

神威事変-カムイジヘン-【最新第3話】

 

目標のマザーは観測ができた範囲で500メートル。

大迫は、自分たちが群れだと思っていた影が、実はマザーの一部でしかなかったことを知り笑う。

 

一方、都築は逃げることなく戦うことを決意する。

 

他の仲間たちは、都築が撤退することなどあるはずがないと考える。

 

都築は、捜索班が戦闘領域から出たとの報告を受け、思う存分戦えることを喜んだ。

そして、地面に突き刺した鉄の棒に電気を流した。

 

中隊長の東条が目を覚ます。

東条は、大きな物音がする方を見る。

 

そこには地面から巨大な龍のような姿が。

東条は、マザーの姿を見てどんな覚悟があれば、あれに立ち向かっていけるのか?と驚く。

 

大迫の指令が全部隊に告げられる。

徹底抗戦、敵をせん滅し時代を作れ!と。

 

そして舞台は都築たちの士官学校時代へ。

スポンサーリンク




単行本よりも先に最新話を絵付きで見る方法が1つだけあります!

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

このネタバレの内容を漫画で読んでみたい!

と思った方、U-NEXTという動画配信サービスはもう試しましたか?

 

U-NEXTには31日間無料&600円分のポイントでお試しできるキャンペーンがあり、登録の際には「別冊少年マガジン」or好きな単行本が1冊だけ無料で読めます。

 

また、漫画を読んだ後はいろんな動画を見て楽しむこともできます。

 

注意点は2つだけ

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんのでご安心を。

 


【別冊少年マガジン最新号をUNEXT無料登録時特典600円分ですぐに読む】

神威事変-カムイジヘン-【最新第3話】の感想・まとめ

ということで、
この記事では、2019年7月9日発売の別冊少年マガジン2019年8月号で掲載された”神威事変-カムイジヘン-【最新第3話】”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • マザーの大きさが500メートル以上だと伝えられる。
  • 都築たちは逃げることなく戦う。
  • 中隊長・登場は生きていた。
  • 大迫から「敵をせん滅せよ」との指令が入る。
  • そして舞台は都築たちの士官学校時代へ。

という内容でした。

 

マザーの大きさは、白の神骸の10倍以上。

東条は、どんな覚悟があれば、あれに立ち向かっていけるのか?と驚きますが、同意見です。

 

そして舞台は都築たちの士官学校時代へ。

都築、朝倉、鋼田、加賀美の過去がどういうものだったのか、今から気になります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

続きはこちら!

神威事変‐カムイジヘン‐【最新第4話】変革者 ネタバレと感想!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告