たまのごほうび【最新第12話】恋する気持ちのネタバレと感想!

この記事では、2019年7月13日発売の別冊マーガレット2019年8月号で掲載された”たまのごほうび【最新第12話】恋する気持ち”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話では、

初デートで玉緒を花火に誘ったかの子でしたが、ふたりははぐれてしまったり…何だかうまくいきません。

落ち込むかの子の元に現れたのは玉緒ではなくレオで、レオがかの子を励ましてくれました。
そして…ふと瞬間に急にレオに抱きしめられて…!?

という内容でした。

 

前回のネタバレはこちら

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『たまのごほうび』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

たまのごほうび【最新第12話】恋する気持ちのネタバレ

たまのごほうび【最新第12話】恋する気持ち

 

 

花火大会で玉緒とはぐれて1人でいたかの子を抱きしめるレオ…。

「…??なにこれ…?」かの子はいきなりのレオの行動に言葉が出ませんし、もちろん状況も全く理解できません。

そして…玉緒も2人の近くで2人を見ていたのでした…!!

「ねぇ!?」とレオから離れようとするかの子でしたが、「あーごめんごめん、いま後ろにでっかい虫いたからー!」とレオ本人はパッとかの子を離したと思ったらなぜかヘラヘラしています…。

 

「何だ虫か…!」だからうっかり抱き着いただけと知り、玉緒に変な誤解を与えなくて良かったとホッとしているかの子ですが…何だか3人の空気はよそよそしい感じです。
「ありがとう、レオくん。」と見ていたはずの玉緒もこの反応…。

「じゃ、俺行くわー!」と立ち去るレオですが、さっきまでの失敗を今からでも挽回しようとした矢先にとんだ災難なかの子です…。

 

ふと玉緒の顔を見ると、「ごめんね…ひとりにして。」と言う玉緒。

初めてのデートなのに今日の自分は色々失敗してばかりだ…と落ち込んでいます。

「え?…何が!?」と、かの子はそんな事はちっとも気にしていないのです。

そうです。恋愛はきっとこうやって何回でもやり直せるのです。お互いのことを想ってさえいれば…。

 

キレイだった花火も終わり、帰りを急ぐ人たちの人込みに何だか寂しい気持ちなるかの子。

「さびしいな。手ももう繋げない。」

するとそんなかの子の心を読んだかのように「三ヶ田さん、ここ、つかんでて。」と玉緒が言います。

「い…いいの…?」と若干食い気味のかの子はゴクリと生唾を飲みます(笑)

すると、グイッとかの子を体ごと引っ張る玉緒…直に触るゴツゴツした玉緒の腕をぎゅっとつかみ赤面するかの子。

 

たったこれだけのことでも玉緒に「守られている」感じと「大事にされてる」感じがとても嬉しいのです。

これからもまた色んな事が起きると思うけど、2人で乗り越えていこうね!と玉緒の笑顔に誓うかの子なのでした。

 

そしてもう1人…まだ残っていた花火を友達と見ながら1人何かを考えるレオ。

かの子と玉緒の関係がキス程度しか進んでないことにホッとしています…。

レオはかの子が好き…?

 

学校で話すレオと玉緒。レオの発言に目を丸くしています…!
「かの子ちゃん好きになったって言った。」

 

早速玉緒に宣戦布告をするレオ…もちろん玉緒だって簡単に許すわけにはいきません。

が、レオが強く言うのには理由があります。

 

花火大会の時に、かの子彼女を抱きしめているのに玉緒は何も言わずに見ていただけだったのです。そんな男には誰だって負ける気はしません。

「じゃ、言いたいことはそれだけ。」そう言ってレオは立ち去りました。

…このレオの告白に玉緒は何を思ったのでしょうか?

 

一方かの子は、大好きな玉緒に少しでもいいなと思ってもらえる様にヘアースタイルをポニーテルに変えて登校してきました!

かの子のイメチェンにすぐに気づきかわいい!とかの子にからむレオと、挨拶だけをしてくれた玉緒。よく見ると玉緒はなぜだか元気がありません…何だかどんよりしていて明らかに元気がありません…。

この玉緒の元気の無さの原因はもしかして自分にあるかもしれない…と理由を知らないかの子は勘違いしてしまいます。

 

 

猫にエサをあげている玉緒ですが、レオの発言が頭から離れません。

そして中庭で偶然会った校長先生にも玉緒が最近元気がないことを見抜かれていました。

自分の中でこの出来事を消化しきれない玉緒は、校長先生に洗いざらい話すことにしました。

レオはかっこよくて人気者で、褒め上手で…悔しいけどあレオとかの子がお似合いに見えてしまったこと、かの子はレオと付き合った方が幸せになるんじゃないかと思ってしまったこと、そして何より自分に自信がないと言います。

 

そんな話を聞いてる校長先生は、玉緒のことを『人間』らしい!と言いました。

ものすごーく悩んでいた玉緒は、校長先生の言葉にえー…?と言う感じですが、玉緒を人間らしく変えてくれたそんな素敵な相手から離れてもいいの?と言われ、ハッとします。

「三ヶ田さんだけは離れてほしくない…。」そう強く思ったのでした。
でももう1つ。できればレオともこれまで通り『友達』でいたいのです。

 

 

プール掃除をしている6組のみんな。
ふと玉緒を見ると、どんよりした感じは抜けていて、友達と話しています。

「あれ?玉緒くん、元気になった?」と話しかけるかの子に「え…わかるの?」と不思議そうな顔をしていますが、「だって彼女だもん。」と可愛く言うかの子の気持ちに正直に従うことに決めたのです!

 

すると…ザブーーン!!!何と!かの子が人にぶつかりプールに落ちてしまいました!!

運動音痴の玉緒は泳ぐことはできないのですが、一目散にかの子を助けに向かいます。

泳げない玉緒が助けに来てくれたのです…もうかの子の気持ちは止まりません!

「玉緒くんだいすき♡」心の声はもれています(笑)

 

そして、たまたまかの子を見かけていたレオもかの子を助けに来ていたのです。

レオがかの子に手を差し出しますが…なんと先にその手を払いのけた玉緒!

「レオくん、ありがとう。でも俺、三ヶ田さんを離したくないんだ。」

プールの中でかの子を抱きしめながら、淡々とレオに話す玉緒にニッと笑うレオ…そして玉緒大好きで顔が真っ赤なかの子(笑)

大人しい玉緒がついに覚醒したようです!!!

スポンサーリンク




単行本よりも先に最新話を絵付きで見る方法が1つだけあります!

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

このネタバレの内容を漫画で読んでみたい!

と思った方、U-NEXTという動画配信サービスはもう試しましたか?

 

U-NEXTには31日間無料&600円分のポイントでお試しできるキャンペーンがあり、登録の際には「別冊マーガレット最新号」or好きな単行本が1冊だけ無料で読めます。

 

また、漫画を読んだ後はいろんな動画を見て楽しむこともできます。

 

注意点は2つだけ

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんのでご安心を。

 


【別冊マーガレット最新号をUNEXT無料登録時特典600円分ですぐに読む】

たまのごほうび【最新第12話】恋する気持ちの感想・まとめ

ということで、

この記事では、2019年7月13日発売の別冊マーガレット2019年8月号で掲載された”たまのごほうび【最新第12話】恋する気持ち”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 花火大会で玉緒とはぐれて1人でいたかの子を抱きしめるレオ。
  • これをきっかけにかの子に恋したレオは玉緒に宣戦布告!
  • 自信をなくした玉緒は廃人みたくなる(笑)
  • 校長先生のアドバイスによって玉緒覚醒!
  • かの子は離さないと決意!でもレオとも友達でいたい。

という内容でした。

 

何だかうまくいかなかった様なうまくいった様な…そんな初デートが終わったと思ったら、友達のレオに『かの子が好きだ!』と宣戦布告されてこの世の終わりみたいになっていたレオですが、何とか最後は挽回してくれてよかったです(笑)!!

心配しなくてもかの子は玉緒しか見えていないんですけど、そんな気持ちに玉緒が気付くのはもう少し先なのかなぁ?

逆にレオは玉緒がかの子を守れば守るほど恋に燃えそうな感じがしますよね(;^ω^)

3人の三角関係は一体どうなっていくのでしょうか?何だか一難去ってまた一難…そんな気がします!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連記事と広告