グッバイ、ノーベル【最新第7話】塩対応のネタバレと感想!

この記事では、2019年7月26日発売の月刊!スピリッツ2019年9月号で掲載された”グッバイ、ノーベル【最新第7話】塩対応”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話を簡単にまとめると、

  • すずは次の作品に取り掛かってほしいと言われる。
  • 花椿と話すことで何かを思いつく。
  • 福岡にあるおじいちゃんのところで、おばあちゃんの初を迎える。
  • 次の作品にむけて動き出す。

という内容でしたね。

 

前回のネタバレはこちら

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『グッバイ、ノーベル』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

グッバイ、ノーベル【最新第7話】塩対応のネタバレ

グッバイ、ノーベル【最新第7話】塩対応

 

すずは、2作目の主人公が決まったようだ。

主人公は「亡くなった友達との秘密の約束でインスタを代わりに更新する17歳の私」

 

それを聞いたナヲキは、面白そうだと言う。

しかし、すずには1つ気になることがあった。

それは、残された家族はどう思うか?すずは、ナヲキに幽霊代表として意見を訊く。

 

その時、テレビからナヲキの母へのインタビューする番組が流れた。

記者がナヲキの母に質問するが、母は相変わらずの塩対応だ。

 

 

すずは、17歳のナヲキがどんな様子だったか知りたくてナヲキの実家へとやってくる。

そしてナヲキの母親にアルバムを見せてほしいとお願いする。

 

ナヲキの母親は、すずにアルバムを渡し、あんな小説ばかり書いている暗い子のどこが良かったの?とすずに訊いた。

 

その言葉を聞いたナヲキは、足早に帰ろうとする。

帰る途中、すずは、ナヲキの家にスマホを忘れたことに気付き急いで戻る。

 

そこですずは、ナヲキは全然暗くないと母親に言う。

母親も、昔のナヲキは普通だったけど、ある日を境に暗くなってしまったと言った。

すずは、それが東頭が引っ越したからだと考えた。

 

続けて、母親は、ナヲキがすずくらいの年の頃に遠出した時のことを話してくれた。

しかし、その時のナヲキは何も言わないので、母親はナヲキがどう思っているのか分からなかったらしい。

それから2年後には小説家としてデビューし、あっという間に売れっ子になってしまい、ナヲキがますます遠くに行ってしまったようだと言った。

そして、そのままナヲキは死んでしまい、小説家のナヲキのことは何も知らないままになってしまったのだった。

 

すずが母親に、ナヲキに小説を書くのをやめてほしかった?と訊く。

すると母親は、ナヲキが書いた小説で、親子2人が水族館へ行く場面の話をしてくれた。

 

そこでは、その時のナヲキの気持ちが良く分かる文章が書かれており、ナヲキはどうしようもないくらい小説家なのだと気付いたと母親は言う。

 

その話を聞いていたナヲキは、母親の自分に対する本当の気持ちを知ることができた。

 

 

すずとナヲキは、水族館へとやってきた。

すずは、ここで小説を書くと言う。しかも今日中に。

 

2人は子供の頃のいろんな場面を思い出しながら、小説を書きあげていく。

 

そして、物語のラスト。

インスタの更新を知った母親が、子供の死に向き合うシーン。

 

ナヲキが綴った文章は、

彼女の涙を見た時、私には彼女が泣き止んだように見えた

 

すずは、このラスト最高と言った。

スポンサーリンク



単行本よりも先に最新話を絵付きで見る方法が1つだけあります!

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

このネタバレの内容を漫画で読んでみたい!

と思った方、music.jpという動画配信サービスはもう試しましたか?

 

music.jpには30日間無料&961円分のポイント+1500円分の動画ポイントでお試しできるキャンペーンがあり、登録の際には「月刊!スピリッツ」or好きな単行本が1冊だけ無料で読めます。

 

また、漫画を読んだ後は最新の映画を見て楽しむこともできます。

 

注意点は2つだけ

  • プレゼントされたポイントを超える漫画の購入や動画の視聴
  • 登録日から30日の無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければどんなに楽しんでも料金は一切かからないのでご安心を。

 


【月刊!スピリッツ最新号をmusic.jp無料登録時特典961円分ですぐに読む!】

グッバイ、ノーベル【最新第7話】塩対応の感想・まとめ

ということで、

この記事では、2019年7月26日発売の月刊!スピリッツ2019年9月号で掲載された”グッバイ、ノーベル【最新第7話】塩対応”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 2作目の主人公は「亡くなった友達との秘密の約束でインスタを代わりに更新する17歳の私」
  • すずは、17歳のナヲキがどんな様子だったか知りたくてナヲキの実家へとやってくる。
  • 母親の話を聞いていたナヲキは、母親の自分に対する本当の気持ちを知ることができた。
  • 2作目の作品完成。

という内容でした。

 

今回の話ではナヲキの母親の塩対応の理由を知ることができました。

息子の”直樹”のことは知っているけど小説家の”ナヲキ”については分からない。

そりゃ、ナヲキの小説について取材に来られても知りませんというしかないですよね。

 

でも、母親の本当の気持ちを知れたことで、ナヲキの母親に対する心のわだかまりもなくなって良かったです。

 

そして2作目の小説を書いてる時の2人は本当に楽しそうでした。

「亡くなった友達との秘密の約束でインスタを代わりに更新する17歳の私」

インスタと小説が違うだけで、まさに今の2人の関係ですね。

ラストの文章もお互いのことが理解できたナヲキとお母さんにぴったりの言葉でジーンと来ちゃいました。

 

しかし、これを夏休みの課題『私の17歳の夏』としても出すつもりとは。

すずは頭がいいのか、ずるがしこいのか。笑

 

次回は夏休み明けということで、どんな展開になるのか今から楽しみですね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク