ボクサーズブラスト【最新第10話】和民と春原 ネタバレと感想!

この記事では、2019年8月3日発売のジャンプスクエア2019年9月号で掲載された”ボクサーズブラスト【最新第10話】和民と春原”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話を簡単にまとめると、

  • 隆は、高校を卒業して和民ジムの寮で暮らすことになった。
  • 寮で顔を合わせたのは、世話人のナツミ、土間、峯田、春原。
  • 隆がジムに行くと、春原と峯田もいたが練習に身が入っていない。
  • 隆は、和民がいなくなり絆が消えかけたジムを変えてみせると言った。

という内容でしたね。

 

前回のネタバレはこちら

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『ボクサーズブラスト』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ボクサーズブラスト【最新第10話】和民と春原 ネタバレ

ボクサーズブラスト【最新第10話】和民と春原

 

隆は、和民のためにも急がないとと考え、半年でプロになりたいと言う。

ジムのトレーナーは無理だと言うが、土間は応援してくれた。

 

春原は、元ボクサーが経営するバーで飲んでいる。

お店では、和民の試合が流れた。

なんと春原は、この試合の詳細をすべて覚えていた。

 

お店を出た春原は、道端で絡まれている人を見かける。

春原は、今日で引退すると言い、相手はお前だとチンピラに言った。

 

和民寮に電話がかかってくる。

その電話に出た隆。

電話は警察からだった。

 

隆は、急いで警察署に向かう。

そこには春原がいた。

 

春原の顔は傷だらけ。

春原は、一切手出しはしなかったようだ。

 

警察署を出る2人。

隆は、何でこんなことをするのかと春原に訊いた。

春原は、事件を起こせばボクシングを辞められると考えたが、和民とのことを思い出すとできなかったと言う。

 

2人が寮に着くと、和民の父親とナツミが待っていた。

春原は、なんでみんな平気な顔ができるのかと嘆く。

そして、和民がいないことに向き合いながらボクシングを続けることはできないと、グラブを脱ぐ決意をする。

 

早朝。

ジムに引退届を出しに来た春原のところへ、隆が新聞配達にやってきた。

隆は、昨日の春原の思いを聞いて、和民が戻ってくることを証明してみせると言う。

しかし、春原にはもうその気がないことを告げる。

 

隆は、その場を去ろうとする春原に、自分は和民と話をすることができると言う。

そして和民の思いを伝えた。

 

春原は、その言葉を信じてない様子だが、ありがとうと言い、その場を去った。

スポンサーリンク



単行本よりも先に最新話を絵付きで見る方法が1つだけあります!

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

ボクサーズブラスト【最新第10話】和民と春原 感想・まとめ

ということで、

この記事では、2019年8月3日発売のジャンプスクエア2019年9月号で掲載された”ボクサーズブラスト【最新第10話】和民と春原”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 春原は、和民のいない現実の中でボクシングを続けることに悩んでいた。
  • 春原は、和民が倒れても平気そうにしている、周りの人たちを見て嘆く。
  • 春原はボクシングを辞めることを決意する。
  • 隆は、春原に和民の思いを代弁する。
  • しかし、春原は去っていく。

という内容でした。

 

今まで一緒に高め合ってきた和民がいなくなるという現実を受け入れられない春原。

しかし、周りはそれを乗り越えて平気そうにしている。

 

春原も本当は分かっているんでしょうが、気持ちがついていかないんでしょうね。

一旦ボクシングから離れ、じっくり考えてみるのもいいかもしれません。

 

そして、和民の思いを代弁した隆の言葉。

春原はハッタリだと言いますが、その言葉はきっと届いていると思います!

なぜなら、和民と春原しか知らないようなことを、隆が言っていましたから。

 

時間はかかるかもしれませんが、春原はきっと帰ってくると信じています!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告