青の祓魔師(エクソシスト)【第105話】SsC19:21 最新話のネタバレと感想

この記事では、ジャンプスクエアの2018年12月号で掲載された”青の祓魔師(エクソシスト)【第105話】SsC19:21”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のネタバレはこちら→青の祓魔師(エクソシスト)【第104話】SsC 20:20

 

1回だけの裏技ですが、music.jpの無料お試し期間に登録することによって、この漫画が掲載されている”ジャンプスクエアを今すぐ無料で読むことができますよ。詳しい登録方法はこちら

スポンサーリンク

青の祓魔師(エクソシスト)【第105話】SsC19:21のネタバレ

青の祓魔師(エクソシスト)【第105話】SsC19:21

 

ユリの前に現れた燐火。

だがすぐに追ってきた祓魔師に麻酔を打たれ連れていかれる。

ユリは尋問を受けることになった。

 

目を覚ました燐火はユリの名を呼ぶ。

そして拘束具をひきちぎり、暴走して壁を破壊する。制止しようとする祓魔師に襲いかかるが、

 

「駄目!!」

 

ユリの声で落ち着く。

メフィストがその様子を見て、「彼女に協力を仰いではどうか?」という。

 

13號セクションでも働くことになった事をユリは獅郎に報告する。

「なんで関わった!」という獅郎に、ユリは「ほっておけない」と答えた。

 

メフィストはルシフェルに燐火は何だと思うかと問う。ルシフェルは

 

「存在する事象の全体に通じている

お前も感じているはず あれは

我々を生み出した神羅万象そのものです」

 

ユリは色々なことを教え学習させた。

あっという間に知識を吸収していく燐火だが、

ねずみを殺したことを咎めると「あながあくかためしただけ」という。

ときには、わがままを言って子どものように手足をバタバタするなど、

理性や情緒はすぐには育たない。

そのアンバランスを危険に感じていたユリは、燐火が人間と接する機会をつくるよう提案する。

 

燐火のもとに獅郎が来た。おもちゃで遊ぶ獅郎に対抗するが、うまくいかず怒り出す。

掴みかかろうとするのをユリが止め、「どうしたいの?」と聞くと「かちたい」と強く言う。

 

翌朝ユリが出勤すると、燐火は人質をとり大量の本を要求し、それらを読んでいた。

ユリは部屋に入り、人質を解放するように燐火に声をかけたが、

彼は人質を燃やして笑った。

 

「ビックリしたか?ユリ ハハハ!

あー面白ぇ オレはもう昨日とは違うんだ

ここにある知識全部手に入れて やっと確信した

このオレという存在は”神”に相当する

いや魔神かな これからオレのことはサタン様と呼べ」

青の祓魔師(エクソシスト)【第105話】SsC19:21の感想

そーだったのか!サタンとの出会い!でした。が・・・

どんな本読んだら俺様キャラになるんだろうか?

母親なら「そんな子に育てた覚えはありません!」っていうとこですよ。

きっと燐もツッコんでますよ。

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2018年12月号で掲載された”青の祓魔師(エクソシスト)【第105話】SsC19:21”のネタバレと感想を紹介しました。

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方は、好きな漫画の最新話をお得に読むことができるサービスを紹介するので、よろしければこちらもご覧ください

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

 

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

次回のネタバレはこちら→青の祓魔師(エクソシスト)【第106】話SsC23:17 最新話のネタバレと感想!

スポンサーリンク