るろうに剣心ー北海道編ー【第十幕】旭の正体 最新話のネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年1月号で掲載された”るろうに剣心ー北海道編ー【第十幕】旭の正体”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のネタバレはこちら→るろうに剣心ー北海道編ー【第九幕】樺戸集治監強襲 最新話のネタバレと感想

 

スポンサーリンク

るろうに剣心ー北海道編ー【第十幕】旭の正体のネタバレ

旭を探す明日郎と阿欄は、函館山麓にあるハリストス正教会にたどり着く。

するとそこには旭の姿が。

しかし、2人の姿を見るなり逃げ出そうとする旭。

それを追いかける2人。

ひと悶着を終え、3人は話し合いをすることに。

 

「で、なんでお前にげたんだ?」

明日郎が旭に聞く。

「1人は危ないよ。剣心さんたちと一緒にいた方が安心だと思う」

阿欄も言う。

すると旭は

「そいつが一番怖いのよ。あの男の正体は人斬り抜刀斎、幕末最強と謳われた伝説の維新志士よ。」

 

一瞬驚くも、明日郎と阿欄はの2人は、そこまで気にしないようだ。

 

続けて旭は、自分が”闇之武“の一員だと明かした。そして”闇之武“のせいで、剣心の昔の妻・雪代巴が亡くなったことも。

 

「人斬り抜刀斎は、私達を恨んでるはず…正体がバレたら絶対に殺される」

これが、旭が逃げ出した理由だった。

 

一方、剣心は、薫のもとに戻り闘いの事を伝えていた。

「心配しないで。も…剣路は私がちゃんと育てるから」

薫は、「もしもの時は」と言いそうになったが、それを言わなかった。

どうやら剣心が『死ぬまで闘う』『闘いの中で死ぬ』かもしれない覚悟はできているようだ。

 

佐之助が薫に言う

「よう嬢ちゃん。あいつとは連絡が取れるか?

剣心の身体の状態を言わなかった1番的確に診るコトの出来るあの女狐。

あいつを函館に呼べねぇか?」

るろうに剣心ー北海道編ー【第十幕】旭の正体の感想

旭は、”闇之武“の一員だったんですね。そしてその”闇之武“は剣客兵器に雇われ力を貸すことになりました。

そして恵が函館に来ることに?

薫は、剣心が死ぬことも覚悟しているようですが、これで少しは安心できますね。

次回も楽しみです。

 

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年1月号で掲載された”るろうに剣心ー北海道編ー【第十幕】旭の正体”のネタバレと感想を紹介しました。

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方は、好きな漫画の最新話をお得に読むことができるサービスを紹介するので、よろしければこちらもご覧ください

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

 

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

次回のネタバレはこちら→るろうに剣心‐北海道編‐【11話】はしかぷ餅 最新話のネタバレと感想!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告