ワールドトリガー【第170話】玉狛第2㉓&【第171話】ヒュース⑤ 最新話のネタバレと感想!

この記事では、ジャンプスクエアの2019年1月号で掲載された”ワールドトリガー【第170話】玉狛第2㉓&【第171話】ヒュース⑤”のネタバレと感想をまとめています。

 

1回だけの裏技ですが、music.jpの無料お試し期間に登録することによって、この漫画が掲載されている”ジャンプスクエアを今すぐ無料で読むことができますよ。詳しい登録方法はこちら

スポンサーリンク

ワールドトリガー【第170話】玉狛第2㉓&【第171話】ヒュース⑤ のネタバレ

ワールドトリガー【第170話】玉狛第2㉓ 

 

ショッピングモール1階。ヒュースに捕まっていた太一がベイルアウト。

これで先制点は玉狛第2に入った。

 

遊真とヒュースは、エスクードを利用し吹き抜けを一気にジャンプして6階へ。

 

影浦は乱戦に強いが、鋼との攻防でかなりの量のトリオンを失っている、また影浦隊も鈴鳴第一もヒュースのトリガー構成の情報が無いなかで、互いに様子を見合っている。

6階は遊真・ヒュースvs影浦・北添vs来馬・鋼

2対2対2の三竦み状態。

 

ショッピングモール5階では、修は隙を見て遊真たちの所に上がろうとしている。

 

6階に行けば不利になると分かっているユズルは、5階から6階の敵を狙おうと様子をうかがう。

そんなユズルを挟み撃ちにしようと考える奥寺は、小荒井に早く上がって来いと指示する。

 

そして再び6階。

 

玉狛は影浦隊から直接点を取りたいはずと考える鈴鳴第一は、玉狛が仕掛けたところを狙おうとするが、ヒュースが何枚ものエスクードで道を塞ぎ、遊真・ヒュースvs影浦という2対1の状況を作り出した。

 

遊真とヒュースが攻撃を仕掛ける。影浦はヒュースの弧月を警戒したが、すぐにサイドエフェクトによってヒュースの狙いはアステロイドであると察する。

 

左から遊真、右からヒュース、前からアステロイドの弾に襲われる影浦。

しかし、すべての攻撃をかわして反撃に入った。

それにより遊真は左腕を失い、ヒュースもまた傷を受けた。

 

景浦はヒュースに「2対1なら勝てると思ったか?」と言うと、

 

 

「いいや」

 

 

次の瞬間、影浦に再びアステロイドの弾が襲い掛かってくる。

ヒュースは弾丸の半分を遅らせて発射する事で、疑似的に3対1になるようなタイミングを作っていたのだ。

 

さすがの影浦もこれは避けられず被弾し、足もやられてしまう。そして遊真とヒュースが再び攻撃に出た。

 

 

ワールドトリガー【第171話】ヒュース⑤

 

絶体絶命の状況に、北添が合流し、遊真とヒュースを景浦から離す。

しかし、ヒュースが再度エスクードを発動させ北添の攻撃を防ぎ、遊真が首を斬り落とした。

 

しかしベイルアウト直前にメテオラを撃つ。読んでいたのか、遊真はシールドで防御していた。

 

ヒュースの攻撃に床を転がりながら逃げる景浦は、メテオラによって開いた穴から落下し、トリオン流出過多によりベイルアウトとなる。

 

これで玉狛が3点目を取ったかと思ったが、判定は鈴鳴第一に1点が入った。

 

北添の開けた穴から逃げた為にヒュースに致命傷を与えられず、トリオン漏出によるベイルアウトの場合は、より大きなダメージを与えていた鋼の得点になってしまうのだ。

 

相打ち狙いと思われたメテオラは、玉狛に点を与えないための作戦だった。

 

 

次に遊真たちが挑むのは、鈴鳴第一。

 

影浦に放ったアステロイドの時間差撃ちを見ていた鋼と来馬は、ヒュースを前に出るタイプのオールラウンダーと判断し、新陣形で迎え撃つ。

 

ヒュースが影浦と対峙した時、なぜ弾道変化を使わないのかと疑問に思っていた修は、ここにきてヒュースが鈴鳴第一の2人に自分のトリガーがバイパーではなくアステロイドだと思い込ませる為にわざとバイパーをまっすぐ撃ったのだと考えていた。

 

しかし、鋼を相手にしてもヒュースは弾道変化を使わない。

修は、なぜ弾道変化を使わないのかとヒュースに尋ねた。

すると、この試合に曲がる弾は撃たないと言う。理由は試合の後で説明すると。

 

<必ずこのチームを遠征まで連れていく>ヒュースの言葉を思い出し、考えがあるんだなと問うと、ヒュースは「ある」と答えた。修はその言葉を信じ、ヒュースの指示を仰いだ。

 

5階には、上の敵を狙うユズルと、そのユズルを狙う小荒井たちがいる。

 

ヒュースは再度エスクードを出し、鈴鳴第一の2人に向かって行く。

そして、その2人を鋼が迎え撃つ。

 

ワールドトリガー【第170話】玉狛第2㉓&【第171話】ヒュース⑤の感想

ジャンプからジャンプSQに移籍後、初の連載は2話収録!!

影浦を攻略したのに得点にはならず。これは作戦勝ちということで・・・

作戦ですからいいんでしょうが、「ええぇぇ!」と言ってしまいました。

そんなことで、玉狛第2はひるまない。

続く鈴鳴第一との戦いでも弾道変化を使わなかったヒュース。理由は聞かずとも信じる修。そのチーム力が発揮できるか…

弾道変化を使わなかった理由は試合後に話すとのこと。気になりますよ!!

ジャンプなら毎週読めてたけど、SQは月イチなので次回が待ち遠しすぎます。

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエアの2019年1月号で掲載された”ワールドトリガー【第170話】玉狛第2㉓&【第171話】ヒュース⑤”のネタバレと感想を紹介しました。

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方は、好きな漫画の最新話をお得に読むことができるサービスを紹介するので、よろしければこちらもご覧ください。

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

 

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

次回のネタバレはこちら→ワールドトリガー【第172話・173話】最新話のネタバレと感想!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告