この記事では、

ジャンプスクエアの2019年1月号で掲載された“DEMON TUNE【第12話】”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のネタバレはこちら→DEMON TUNE(デーモンチューン)【第11話】 最新話のネタバレと感想!! 

 

1回だけの裏技ですが、music.jpの無料お試し期間に登録することによって、この漫画が掲載されている”ジャンプスクエアを今すぐ無料で読むことができますよ。詳しい登録方法はこちら

スポンサーリンク

DEMON TUNE【第12話】のネタバレ

DEMON TUNE【第12話】

 

忍法を発動し瞬間移動した小雪丸は、巻物を奪ったヤツとグレッドの前に現れた。

 

一方、シンカとアレックスは、魔動端末で特定できた小雪丸の元に急ぐ。

 

巻物を奪ったヤツが出口に向かい走り出し、追おうとする小雪丸だが、グレッドによって阻まれる。集中する時間が必要な忍法は使えない。

 

店から逃げたヤツはキースに連絡し、店に来ないように伝えた。

 

グレッドの攻撃をかわし続ける小雪丸にフランは、もうそんなに回復の魔法が使えないから、無茶せず、落ち着いて二人で切り抜けようと言う。そして小雪丸も、

 

「わかってる 俺たちはチームだ」

 

 

グレッドは確実に小雪丸を捕えるため、魔法「食欲王制(トップ・オブ・グルメ)」を使う。

その目を見た者が彼の間合いに入った時、速度や身体能力にかかわらず、絶対に彼の攻撃を受けるという。

 

急所を外しながら攻撃し、じわりじわりと小雪丸の動きを鈍らせ、生け捕りにするという。そして、吊るして動脈を切り、血抜きしながらレシピを考える。その時間がたまらなく好きだと笑う。

 

小雪丸はフランに逃げろと言い。「チームだったらわかるだろ」と続ける

 

 

俺は忍者だ

闇に生き 闇に死ぬ運命

そんな俺におまえは まぶしすぎた

もう消えてくれないか

俺には暗闇が性に合ってる

……わかったらもう行け

 

 

グレッドもそれを許し、フランは地下室から出た。

フランは分かっていた。小雪丸が彼女を信じていることを。

そして、彼女も小雪丸を信じ、スイッチに手を掛けた。

 

「ブッ‥…ン…」

 

地下室が暗闇になった瞬間、小雪丸はグレッドの左足を一太刀で斬り落とし、脱出した。

地上に出て逃げる2人だが、グレッドはすぐに追いつき、小雪丸の足の腱を狙ってフォークを刺した。

腱を切られたはずの小雪丸だったが、”魔動アンクレット”を付けていて、足首は守られていた。

そして、グレッドは追いついたアレックスに撃たれた。

 

巻物を奪ったヤツはキースと合流した。

事態が呑み込めないでいるキースに「約束しましたよね」と言う。

 

この街を魔物が入り込める場所に変える。そのために、ブギーマンで悪魔調律師(デーモンチューナー)を溢れさせ、MBIが機能しなくなるような混沌を作り出すという約束。

 

それはうまくいっていた。

しかし、ずっと自分の悪魔性と罪悪感の狭間で葛藤していたキースは、ある時巻物の存在を知った。

“天災の巻物”その正体は巻物に隠されて運ばれてきた魔物の血液。彼の地で”最強”と言われた妖怪の血である。

それを体に入れれば・・・

 

キースは最後に「義兄さん…父さん…ごめん」と言い、その血を摂取した。

 

DEMON TUNE【第12話】の感想

グレッドの攻撃から小雪丸を救ったのが、MBIの”魔動アンクレット”とは!!

なんとも因果な話です。

そして、12話の最後にまさかの「ジャンプ+」に移籍の文字が!

次回のお話は、1月4日の「ジャンプ+」で読むことができますよ~

 

まとめ

以上、

この記事では、ジャンプスクエア2019年1月号で掲載された“DEMON TUNE【第12話】”のネタバレと感想を紹介しました。

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方は、好きな漫画の最新話をお得に読むことができるサービスを紹介するので、よろしければこちらもご覧ください

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

 

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連記事と広告