重版出来!【第73話】伯、開眼する! 最新話のネタバレと感想

この記事では、月刊!スピリッツの2019年2月号で掲載された”重版出来!【第73話】伯、開眼する!”のネタバレと感想をまとめています。

 

1回だけの裏技ですが、music.jpの無料お試し期間に登録することによって、この漫画が掲載されている月刊!スピリッツを今すぐ無料で読むことができますよ。詳しい登録方法はこちら

スポンサーリンク

重版出来!【第73話】伯、開眼する!のネタバレ

重版出来!【第73話】伯、開眼する!

 

 

たとえば誰かをひきずりおろしたいとか、私でも悔しかったりつらかったりすることもある

でも、

ひきずりおろそうと思ったら、自分は相手よりもっと下に堕ちているハズだ

そんなことしたら

はじめっから負けだ。

 

 

その言葉が心を考えさせる。

 

 

一方、伯は、コンビニでコーヒーを買い、人間観察を始める。

「見なければならないんだ」

「漫画家はしっかりと」

 

 

週刊バイブス編集部に出社した心に、編集長・和田が話しかける。

「今日、高畑来るのか?」

 

投稿された作品の中から、高畑一寸賞を選んでもらう予定らしい。

 

「アイツはコノ作品を選ぶと思うワ」

和田は、そう言った。

 

心が理由を聞くと

「目だよ目!」

和田は、そう答えた。

 

それから心と和田が、伯の事について話し合っていると、派出所から心に電話が来た。

 

どうやら人間観察していたのを、不審者だと思われ通報されたようだ。

 

編集部にもどったところへ、高畑がやってきた。

高畑は和田の言った通りの作品を選んだ。

 

その理由は、この作品のキャラクターひとりひとりの泣き方が違うところにあるという。

新人の漫画家は、キャラクターの性格やルックスを決めても、どうやって泣くか笑うかを描き分けないらしい。

 

心もそこまでは見ていなかったらしく、目からうろこが落ちたようだ。

 

そういう高畑も、新人の時に和田に指摘され、演出というものを意識しだしたらしい。

 

心は、こういうことも編集者の大事な仕事だと和田におしえられた。

 

 

心は、伯のところへ行き演出について教わったことを伝える。

やはり伯もそんな細かい演出までは意識してなかったようだ。

 

心は、伯の漫画に出てくる敵キャラ・ドルクを”人間”として描くのか”完全な悪”として描くのか、どうしたいかを問う。

 

伯は、ドルクを人として描くことに決めた。

 

そして伯は、ドルクのモデルとなった父親について考える。

 

あのおびえた目。

自分より弱いものを殴るヤツだ。

心の卑しいヤツだ。

強さも優しさもない。

いじけたあまえた

怒る時は

 

こうだ!!

 

 

伯の中で何かが見えた。

重版出来!【第73話】伯、開眼する!の感想

伯と心がつかめなかったキャラを、先輩たちからのアドバイスでようやくつかむことができました。

 

しかし、漫画を見るプロっていうのは、本当にすごいですね!

 

今まで、そういった細かいところまで考えていたなんて全然思いませんでした。

これからは、そういったところにも意識を向けるともっと漫画が楽しくなると思います!

まとめ

以上、

この記事では、月刊!スピリッツの2019年2月号で掲載された”重版出来!【第73話】伯、開眼する!”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本などの電子書籍を、お得に読むことができるおすすめの動画配信サービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

 

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

次回のネタバレはこちら

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告