三国志武将列伝~蜀の章~【第2話】最新話のネタバレと感想!

この記事では、別冊少年チャンピオンの2019年2月号で掲載された”三国志武将列伝~蜀の章~【第2話】関羽雲長という男(後編)”のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のネタバレはこちら→三国志武将列伝~蜀の章~【第1話】関羽雲長という男(前編) 最新話のネタバレと感想!

 

1回だけの裏技ですが、music.jpの無料お試し期間に登録することによって、この漫画が掲載されている”別冊少年チャンピオンを今すぐ無料で読むことができますよ。詳しい登録方法はこちら

スポンサーリンク

三国志武将列伝~蜀の章~【第2話】のネタバレ

【第2話】関羽雲長という男(後編)

 

阮旦に一度退くように進言する部下を斬り捨て、手出し無用だと言う。

そんな阮旦に「仲間の命さえ軽く扱うヤツに遅れはとらん」と言う関羽。

対して「無能な弱者の命に勝ち灘ない」とし、「弱者は死ッ有るのみッ」と討ち合う。

 

阮旦の力に押され膝をついた関羽のピンチに、張飛が「こいつはワシの友の敵じゃッ!こいつだけはッ」と立ち上がり関羽を守った。

 

そして、関羽が阮旦の腕を斬り飛ばし、張飛が首を撥ねた。

 

青龍偃月刀を手に関羽は張飛に「黙って俺について来い」と言い、そばにいた馬に乗って軍隊を割って進む。関羽は張飛に言う、

 

 

人はあまりに信じ難いことが起こると

しばしば思考が停止し 事態を把握できなくなるものだ…

だが…

ひとたび正気を取り戻した集団は狂気と化す

 

 

軍人の怒号が響く中、関羽は馬で駆けながら逃げる。

しかし、2人を乗せた馬では追いつかれてしまうのが分かり、

「生き抜けよ。また会おうッ!」と馬を乗り換え、張飛を逃がした。

関羽は一人残り軍を相手にする。

 

数日後。幽州涿県

張飛は父親から「営業妨害だ」とグチグチ言われながら、店の前で寝ころびながら呑んでいた。すると「元気そうじゃないか…」と関羽が姿を見せた。

「生きとったかッ!」と喜び背中をたたくと、関羽は倒れこんでしまった。

「なんだこの行き倒れは?」と言う父親に、「ワシの命の恩人じゃ」と介抱するように言う。

 

 

―この後

張飛は関羽を兄と慕い、二人は義兄弟として生涯を共にすることになる。

そして「劉備玄徳」と出逢うことになるがそれはまた別のお話。

 

名は関羽 字は雲長

義侠の士として 蜀漢を支え その武と義を 生涯をもって貫いた

美髯公(びぜんこう)と称され 後の世で

神となる

三国志武将列伝~蜀の章~【第2話】の感想

仲間の命を軽く見る最低な男・阮旦ですが、すぐに関羽にやられると思っていたら意外と強かった。

二人がかりで何とか倒すことができました。関羽といえば青龍偃月刀のようですが、実は阮旦の物だったんですかね?

 

そして残った兵士たちに追われる中、”自分の命よりも張飛の事を考える”そういったところが、関羽が武勇や義理を重んじる、と言われる理由かもしれませんね。

まとめ

以上、

この記事では、別冊少年チャンピオンの2019年2月号で掲載された”三国志武将列伝~蜀の章~【第2話】関羽雲長という男(後編)”のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

 

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

好きな漫画の最新刊や最新話が無料で読める!!おすすめ動画配信サービスまとめ

 

長々と読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告