家庭教師ヒットマンReborn 最終回!【第409話】ちゃおちゃお! ネタバレと感想!

この記事では、『週間少年ジャンプ2012年 50号』に掲載された家庭教師ヒットマンReborn【第409話】ちゃおちゃお!のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のあらすじは…
様々な試練を乗り越えてきたツナとその家庭教師リボーン。
最後にして最強の敵である復讐者(ヴィンディチェ)達を撃退し、チェッカーフェイスの元へと辿り着いたツナたち。
危うく次期アルコバレーノになる所でタルボ爺によって助けられ、新たな7³(トリニセッテ)の環境を築き、一段落つき、日常に戻ったかと思いきや、まだツナの次期ボンゴレ10代目への教育は続いていた。
まずはボスの嫁を探すと、また最初と同じように京子に告白して来いと死ぬ気弾をリボーンに撃たれ、笹川京子に告白するが、途中でハルの危機に再び遭遇し、目的変更しハルを助けた。
また何もできなかったツナが帰ってくると、リボーンに最大の疑問を突きつけられる、ツナはボンゴレの10代目になるかどうかだ。

 

気になるラストはどんな展開になるのでしょうか?

それでは『家庭教師ヒットマンReborn』最終話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

家庭教師ヒットマンReborn【第409話】ちゃおちゃお! ネタバレ

家庭教師ヒットマンReborn【第409話】ちゃおちゃお!

 

リボーンに突き付けられた現実をやはり最初と同じように、ふざけた感じ、そして焦る感じで、俺はマフィアにはならないよと答えるツナ。

リボーンは、やはりお前は俺が来た当初と、なにも変わってねーなと言います。

 

ツナはそれを聞いていろいろと反発するが、リボーンは既に心に決めていたみたいに、ツナの元を去ると言いました。

 

少し寂しそうにするツナを裏腹に、リボーンは振り返らずイタリアへ戻っていきました。

 

 

リボーンが去ってから1週間、多くの試練を乗り越えてきたツナでしたが、リボーンがいなくなってからリボーンが残した言葉の意味をマジマジと噛み締めます。

俺はやっぱりなにも変わっていなかったと。

 

 

そう落ち込んでいたツナのところに、あるイタリアの赤ん坊が、マシンガンを持って家に来ました。

 

「ちゃおっス!」そう言って帰ってきたのはリボーンでした。

ツナはビックリして、何してんだとリボーンに問いました。

なにやらリボーンはイタリアのボンゴレ9代目の所に行ってたようで、あの時ツナが10代目になると言っていたなら、リボーンは家庭教師の役を終え、ツナの元を離れるつもりでした。

 

しかしツナがならないと言ったので、9代目の所に行き、ツナを「ネオボンゴレⅠ世」にする許可を求めていました。

 

ツナはそれを聞いてやはりマフィアとして拒絶しましたが、どこかリボーンが帰ってきて安心してる自分がいました。

そして安心してると同時に、やっぱり自分にはリボーンがいないとダメなのか、情けないなと思ってしまいます。

 

しかし、リボーンがパーティをすると言って呼んでいた仲間の数々を見ると、ツナはやっと理解しました。

自分はあの頃と勉強も運動も変わらずダメダメだけど、いざとなったら助けてくれる、近くにいてくれる仲間がいることに。

スポンサーリンク



『家庭教師ヒットマンReborn』の最終巻を今すぐ無料で読む

家庭教師ヒットマンReborn【第409話】ちゃおちゃお! のネタバレはどうでしたか?

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「家庭教師ヒットマンReborn」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

家庭教師ヒットマンReborn【第409話】最終回の感想

基本的に私はこの漫画にとてもハマっていたので、最終話としてはとても感動しました。

ジャンプでの連載最終回でも、キャラクターのオールスターズの見開きがあり、長い間追ってきて良かったと思います。

ダメダメな主人公が成長して、すごい人になるのは定番で好きなパターンですが、このように主人公は結局ダメダメだが、身の回りに頼りになる仲間ができる結末が本当に大好きで、とても感動します。

 

欲を言えば作中に登場する虹の赤ん坊(アルコバレーノ)の元の姿を描いていない人が1人だけいて、それが主人公ツナの家庭教師のリボーンでした。

また、その後のストーリーとして10年後のファミリーのことも、どのような世界になったのか連載終了後の今でもとても気になっています。

まとめ

以上、

この記事では、『週間少年ジャンプ2012年 50号』に掲載された家庭教師ヒットマンReborn【第409話】ちゃおちゃお!のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回の話を簡単にまとめると、

  • ツナに見切りをつけたリボーンがツナの元を去る。
  • リボーンがいなくなってから自分は本当にあの頃のままだなと情けなく思うツナ。
  • しかしリボーンが戻ってきて、これからも試練が続くが、自分には頼りになる仲間がいることを改めて認識する

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告