レッドデータプラネット【最新第17話】僕らのミライ ネタバレと感想!

この記事では、2021年11月12日発売の『別冊少年チャンピオン2021年12月号』に掲載されたレッドデータプラネット【最新第17話】僕らのミライのネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • モニカは自分の命を犠牲にして隕石を止める任務を任された。
  • モニカのことが大切だと思いながらも、モニカを止めることができないレオ。
  • モニカが乗るはずだった核爆弾を搭載した宇宙船が、モニカの目の前で爆破された。

という内容でしたね。

 

 

モニカの目の前で起こった想定外の出来事。

はたして地球はどうなってしまうのでしょうか?

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』の最新号を読む!

30日の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます

※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

 

 

それでは『レッドデータプラネット』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

レッドデータプラネット【最新第17話】僕らのミライ ネタバレ

レッドデータプラネット【最新第17話】僕らのミライ を簡単にまとめると、

  • ナワァールの正体は250年後からやってきたレオ。
  • モニカが救った人類は、結局自分たちの手によって絶滅する運命に。
  • 未来のレオは、モニカの無駄死にを阻止するために再び250年前へと向かった。

という感じです。

 

詳しくは以下でお伝えしています。

スポンサーリンク



最後の仕上げ

ナワァールの仕業によって、モニカが乗るはずだったQの宇宙船は木っ端みじんに。

その様子を見届けたナワァールは、これから最後の仕上げに移ると言う。

 

そんな中、大けがをしたシールが、ナワァールの宇宙船へと乗り込んでいた…

 

ナワァールの正体

作戦が失敗したことにより、地球へと戻ってきたモニカ。

そんなモニカを見て、少し安心した様子のレオだった。

 

その時、ナワァールが現れ、モニカを捕まえた。

モニカを取り戻そうと、必死に立ち向かっていくレオとQ。

 

ここでナワァールは、モニカが地球を救ったとしても、あと200年で人類は滅亡するのだと言い放った。

 

どうしてそんなことが分かるのか?

それは、ナワァールの正体が未来から来たレオだったから。

また、ナワァールが連れていたペンギンは、未来のQが変装した姿だった。

 

未来のレオは、モニカの犠牲が無駄死ににならないようにと、モニカを救うためにこの時代へやってきたのだと言う…

 

未来のレオの心の変化

未来のレオの世界戦では、予定通りモニカが人類の犠牲となった。

しかし、人類は救われこそしたものの、レオの心にはポッカリと穴が開いてしまう。

 

そして、モニカを止めなかったことを後悔し続けたレオは、部屋に引きこもるようになってしまった。

そこでレオは、モニカの犠牲の上で成り立っているこの星にはいたくないと思うようになり、Qに頼んでQの母星へ行くことに。

 

だが、Qの母星に向かう途中、レオとQはブラックホールにのみ込まれてしまう。

レオが目を覚ました時、目の前にはQの母星・アルファ234が。

 

しかし、そこは250年後のアルファ234だったのだ。

どうやらレオたちは、ブラックホールの影響で250年の時を超えてしまったらしい。

 

アルファ234に到着したレオたちは、長老のもとに行き話を聞く。

すると長老は、地球にいた人類は50年前に絶滅したと言った。

 

長老が言うには、モニカによって絶滅を免れた人類だったが、その後も争うことをやめず、ついには核戦争を起こし自らの手で絶滅してしまったそう。

 

その話を聞いたレオは、人類の行動を許すことができなかった。

そして、何とか過去に戻ってモニカを助けようと考える。

 

 

その後、レオとQは軍の船を奪い、ブラックホールから250年前へと向かったのだった。

スポンサーリンク



レッドデータプラネットを含む「別冊少年チャンピオン」最新号を無料で読む

今回紹介した レッドデータプラネット【最新第17話】僕らのミライ のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと1200円分のポイントに!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『別冊少年チャンピオン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』の最新号を読む!

30日の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

レッドデータプラネット【最新第17話】の感想

予想通り、ナワァールの正体は未来からやってきたレオでした。

ただ、自分的には2~30年ぐらい先のおじさんになったレオを想像していたので、完全な正解というわけではなかったですね。

 

それにしても、せっかくモニカが救ってくれたのに結局絶滅の道を選んでしまうなんて、何とも残念な結果です。

それを知った未来のレオは、このことを人類に伝えるつもりなのでしょうか?

 

とはいえ、今回の隕石破壊作戦は阻止されてしまったため、このままではどちらにせよ人類は滅亡してしまいます。

何かみんながうまく生きていけるような素晴らしい解決策があればいいのですが…

 

そして、気がかりなのはシールの存在です。

自分を殺そうとしたナワァールの正体がレオだと知ったシールがどんなことをしでかすのか、気になって仕方がありません。

まとめ

ということで、

この記事では、2021年11月12日発売の『別冊少年チャンピオン2021年月12月号』に掲載されたレッドデータプラネット【最新第17話】僕らのミライのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • ナワァールの正体は250年後からやってきたレオ。
  • モニカが救った人類は、結局自分たちの手によって絶滅する運命に。
  • 未来のレオは、モニカの無駄死にを阻止するために再び250年前へと向かった。

という内容でした。

 

この物語も次回でとうとう最終回。

はたしてどんな結末が待ち受けているのでしょうか?

 

続きを楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』の最新号を読む!

30日の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます

※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
スポンサーリンク