宇宙めし!【最新第13話】人と食と宇宙と ネタバレと感想!

この記事では、2020年2月27日発売の『月刊スピリッツ』2020年月4月号に掲載された宇宙めし!【最新第13話】人と食と宇宙とのネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 試作品の問題点とは、衣の割れ。
  • 問題は商品のサイズを小さくすることによって解決。
  • 試作品のOKが出る。
  • 新しいプロジェクトが始動。
  • プロジェクトの話を聞いた晴可は目を輝かせる。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『宇宙めし!』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

宇宙めし!【最新第13話】人と食と宇宙と ネタバレ

宇宙めし!【最新第13話】人と食と宇宙と

 

「からあげクン」の宇宙食プロジェクトも何とかひと段落した晴可。

そして、気づけばもう年末。

 

来年自分は何をしているのだろう?

そう考える晴可が思い浮かべるのは「J-SPARC」のことだった。

 

そんな時、晴可の母親から年末年始はどうするのか?との連絡が入る。

晴可がまだ何も決めていないと返すと、晴可の母親は、それなら九州のおじいちゃんのところへ行ってくれないかと言う。

秋に起こった台風によって田んぼに被害が出たらしく、それから元気がないのだという。

 

 

九州に着いた晴可。

空港まで迎えに来てくれたのは晴可のおばあちゃんだった。

 

2人が家に向かう途中、田んぼを片付けているおじいちゃんを見つける。

おばあちゃんが言うには、おじいちゃんはお米作りをやめるか悩んでいるらしい。

 

 

夜になり、ご飯を食べる晴可とおじいちゃん、おばあちゃんの3人。

話は台風のことに。

 

そこでおばあちゃんが、避難した後JAXAの人が訪ねてきたことを話す。

名刺に書かれていた名前は菊原。

「J-SPARC」のプロジェクトを立ち上げた人物だった。

 

菊原は、被災した家を回って、避難中にどんなことが不便だったのかを調査していたらしい。

そして、宇宙食は災害食にもなると、サンプルを置いていったのだそう。

 

 

宇宙食のパックを見て、晴可が関わっている仕事だと嬉しくなったおばあちゃん。

しかし、おじいちゃんは、宇宙食と言われてもいまいちピンとこないと言う。

おじいちゃんの言葉を聞いた晴可は、おじいちゃんにとっては宇宙と地球はずーっと切り離された世界なのかも、と思った。

 

 

次の日。

家のことを手伝う晴可は、道の駅に買い物へ出かける。

そこで、直売の野菜を作って届ける人の想いを知った晴可は、おじいちゃんのやっていることの尊さを改めて認識することに。

 

晴可は、田んぼの片づけをするおじいちゃんのところへ行き、おじいちゃんの作るお米の良さを伝える。

しかし、その想いはおじいちゃんには届いていないようだった。

 

 

その後、夕食の支度をしようとするおばあちゃん。

ここでまた、台風で非難した時の話が出る。

 

おばあちゃんが言うには、避難中はおにぎりやパンが支給されていたが、貴重な水を我慢してしまうので、年寄りには呑み込むのが大変だったらしい。

 

 

食べ物も水も貴重で、ホッとするいつもの味に癒される。

晴可は、避難中に食べたいものは宇宙飛行士が食べたいものと同じなのでは?という思いが生まれた。

 

そこで晴可は、おばあちゃんのいつものご飯を宇宙食にしてみることにした。

出来上がったご飯を食べてホッとする3人。

 

おじいちゃんは、自分の作った米が宇宙や被災地で誰かを元気にできるのであれば幸せだと言う。

 

晴可は、そんな人と宇宙をつなぐ仕事をやってみたいと思う。

 

 

おじいちゃんは晴可を空港に送る。

おじいちゃんは、来年も米を作る気だ。

晴可は、自分のやるべきことが見えてきた様子。

 

 

晴可は、菊原に自分の想いをメールで送る。

それを見た菊原は、晴可に興味が湧いてきたようだった。

スポンサーリンク



『宇宙めし!』の最新話を含む『月刊!スピリッツ』最新号を無料で読む

宇宙めし!【最新第13話】人と食と宇宙と のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

宇宙めし!【最新第13話】の感想

「J-SPARC」のプロジェクトに応募した晴可。

今回おじいちゃんのところへ行くことになったのも運命だったのかもしれませんね。

 

ただ米を作っているだけと思っていたおじいちゃんも、宇宙や被災地の方を元気付けることができることを知り、やる気が再び湧いてきたようで良かったです。

そして晴可も、これから自分がやっていきたいことが見えてきました。

 

「民間でその地域ならではの宇宙食・災害食を作る」

この企画はまだ採用されていませんが、これがうまくいって日本全体が元気になれれば嬉しいですね。

 

晴可が「J-SPARC」のプロジェクトに参加できることを祈っています!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年2月27日発売の『月刊スピリッツ』2020年月3月号に掲載された宇宙めし!【最新第13話】人と食と宇宙とのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 晴可は、年末年始の休日におじいちゃんのところへ行く。
  • おじいちゃんのところで得た経験から、自分のやるべきことが分かってきた晴可。
  • 晴可は「J-SPARC」の菊原にメールを入れ、自分の想いを伝える。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告