スキはぐ。【第153話】「記憶の欠片。」のネタバレと感想!

この記事では、

comicoオンライン漫画サイトで掲載されたスキはぐ。【第153話】「記憶の欠片。」のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

清家先輩のお母さんの形見の結婚指輪を、お父さんがまだ探しているのを知った先輩は、無くしたであろう海に探しに行くことにしてバスに乗る。

その発車ギリギリの時に翼もバスに乗り込んだ。

という内容でしたね。

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『スキはぐ。 』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

スキはぐ。【第153話】「記憶の欠片。」 ネタバレ

スキはぐ。【第153話】「記憶の欠片。」

 

前回、二人で清家先輩の思い出の海にバスで向かいました。

そこに向かったのは、

先輩がお父さんからお母さんの事故のこと、無くした指輪のことを聞いて違和感を感じたからでしたが、その海に着けばその清家先輩の感じたもやもや感が無くなるだろうという考えからでした。

 

そのお母さんの大事にしていた指輪が見つかれば・・・と希望を抱く先輩の後押しをするように「1日でも早く見つかるように暗くならないうちに探そう」と提案する翼。

意気込む彼女を観て、先輩も少し勇気付けられたような印象でした。

 

そこから岩場の間や波打ち際などをくまなく探して行く二人ですが、中々見つかりません。

それもそのはず、お父さんたちは毎年探しに来ていて見つかっていないのだから・・・と諦めかけた時に、翼が砂の中にキラリと光るものを見つけます。

あっと気が付いた彼女ですが、もちろん違うもので、キーホルダーでした。

 

そんな彼女を尻目に、先輩は必死に自分の記憶を掘り起こそうとしていました。

もしかしたら最悪もう海に落ちてしまっていて見つからないかもと考えます。

前にお母さんとこの海に来た時のことを少しずつ思い出しますが、ここでの悲劇も一緒に思い出してしまいます。

 

そんな先輩に声をかける翼が気が付いたのは、少し奥にも砂浜があることでした。

ここで先輩は今日のお礼にといちゃいちゃタイムを提案しました。

もちろん大喜びでいちゃいちゃする二人。

砂浜に相合傘を書いてお互いの好きな人の似顔絵を描いて、(もちろんお互いのこと)写真に撮った翼は、あとで先輩に送る・・・と言いかけてつまづいてしまいます。

 

先輩の事を押しのけるような形になった時、先輩の中の過去の記憶がさらに蘇りました。

その記憶の中では、お母さんが先輩に必死に呼びかけている姿が見えました。

「碧李!」

記憶の中のお母さんの呼びかけで気が付いた先輩。

鼓動が大きく響いて「今のは・・・?」と呟いたところで今回の最新話は終了でした。

スポンサーリンク



スキはぐ。【第153話】「記憶の欠片。」の感想・まとめ

ということで、

この記事では、comicoオンライン漫画サイトで掲載されたスキはぐ。【第153話】「記憶の欠片。」のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 先輩と一緒に海に行く
  • お母さんの指輪を探す
  • 先輩からおでこにキスされる
  • 昔の記憶が少しだけ蘇る

という内容でした。

 

いつも通りの先輩と翼のいちゃいちゃでしたが、中々進展しないのがヤキモキします。

そして、お母さんの指輪を探しているとのことでしたが、かなり前に無くしているものなので見つかる可能性の方が低いのに・・・と現実的に思ってしまいました。

先輩のお母さんの事故の詳細が気になりますね。

先輩が原因での事故だったら、もっと殻に閉じこもってしまいそうで心配です。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告