東京エイリアンズ【最新第2話】ハクギン  ネタバレと感想!

この記事では、2020年5月18日発売の『月刊Gファンタジー2020年6月号』に掲載された東京エイリアンズ【最新第2話】ハクギンのネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話では、

  • 郡司と天空橋の出会い。
  • 警察官だった郡司の父親は、郡司が6歳の時に殉職した。
  • 天空橋は、エイリアン管理組織「A・M・O」の特別機動隊。
  • クネクネ星人・登美子と「A・M・O」の問題に巻き込まれる郡司。
  • 天空橋は、9年前に会ったことを覚えてないのか?と、郡司に訊く。
  • 天空橋は、規則により郡司を消すことに。

という内容でしたね。

 

 

 

今回のお話はどんな展開になるのでしょうか?

それでは『東京エイリアンズ 』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

東京エイリアンズ【最新第2話】ハクギン ネタバレ

東京エイリアンズ【最新第2話】ハクギン

 

 

郡司のことを消すと言う天空橋。

そして、郡司が連れてこられたのは錦糸町にある警察署。

 

天空橋が、郡司をどこかに連れて行こうとしているところに、先ほど登美子の家にやってきたAMOの2人組が声をかける。

 

天空橋は、郡司は目撃者なので記憶の削除をするのだと答えた。

てっきり殺されてしまうのだと思っていた郡司は、それを知り一安心。

 

ここで、2人組の一人・雨宮が、郡司の顔を見て名前を尋ねる。

郡司が名を名乗ると、雨宮は「郡司 晃雄」という人物を知っているか?と、郡司に訊いた。

 

その名前は郡司の父親の名前。

 

 

雨宮は、自分は郡司の父親と共にAMOで働いていたのだと言った。

そのことを知って驚く郡司。

 

 

その後、雨宮が少し話がしたいと言い出した。

 

 

雨宮が言うには、宇宙人ははるか昔から地球に来ており、日本は世界第9位の宇宙人の訪問・滞在数なのだそう。

続けて、宇宙人は基本的に友好的でとてもおとなしいのだが、中には例外もいると言う。

 

そして、そんな宇宙人の起こす事件を秘密裏に解決するのが、AMOの役割だった。

 

雨宮と郡司の父親は、その中の特別機動隊で一緒だったらしい。

 

雨宮は、郡司の父親は「ハクギン」という宇宙人に殺されたのだと、郡司に言う。

それを聞いた郡司の頭の中に父親との思い出がよみがえり、悲しい顔つきになった。

 

 

雨宮は、そんな郡司のことをAMOに勧誘したいと言い出した。

その理由は2つ。

 

1つは雨宮が郡司の父親にとても世話になっていたから。

もう1つは、郡司が父親によく似ているからだった。

 

 

言葉に詰まる郡司は、ハクギンについて訊いてみる。

ハクギンは、9年前に出現したのを最後に行方不明になっているのだそう。

 

そして、ハクギンは知的生命体を食べることによって進化していくのだと、雨宮は言った。

 

 

郡司は、自分に何ができるのかも分からないが、父親の見ていた世界を知りたいからと言って、AMO入りを志願した。

 

 

それから郡司は、AMOに入るための意見を受けるため、警視庁に連れてこられた。

 

なんと、警視庁の地下にはとても広い施設があったのだ。

その施設にいたのは、技術開発部の総責任者であり、オペレーターのクリスティーナだった。

 

クリスは、郡司を特別な服に着替えさせる。

そして連れてこられたのは巨大な白い空間。

 

 

試験が始まると、郡司は超リアルなバーチャル空間へととばされる。

映し出されたのは渋谷の光景。

 

 

郡司がそのリアルさに驚いていると、突然巨大な物体が降ってくる。

それは角の生えた大神のような生物。

 

 

その映像を見た天空橋は、ハクギンと言った。

スポンサーリンク



『東京エイリアンズ』の最新話を含む月刊Gファンタジーを今すぐ無料で読む

東京エイリアンズ【最新第2話】ハクギン のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「月刊Gファンタジー最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

東京エイリアンズ【最新第2話】の感想

郡司の父親は、AMOで任務のために死んだことになっていてるけど実は生きているのでは?と予想していましたが、本当に死んでいたのですね。

それでも真実を知ることができたのは、郡司にとっては良かったのかもしれませんね。

 

そして、あれよあれよという間にAMOの試験を受けることになった郡司。

しかもその相手がまさかの父親の仇である「ハクギン」。

 

これは雨宮が意図して行ったものなのか、それとも本当のハプニングなのか?

次回の展開が気になります!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年5月18日発売の『月刊Gファンタジー2020年6月号』に掲載された東京エイリアンズ【最新第2話】ハクギンのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 郡司の父親は、AMOの特別機動隊で働いていた。
  • 郡司の父親を殺したのは「ハクギン」という宇宙人。
  • 郡司は、AMOに入るための試験を受けることに。
  • 試験のためにとばされた場合空間に現れたのは、まさかのハクギン。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告