憂国のモリアーティ【最新第39話】闇に閉ざされた街 ネタバレと感想!

この記事では、2019年10月4日に発売のジャンプスクエア2019年11月号で掲載された憂国のモリアーティ【最新第39話】闇に閉ざされた街のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • ホワイトリーは、スターリッジを殺してしまう。
  • 事情を聞いたウィリアムたち。
  • 民衆の前でホワイトリーがウィリアムに刺される。
  • ウィリアムは、民衆の前で自分が犯罪卿だと名乗り、一連の事件は全部自分がやったと言う。
  • ウィリアムたちは、ホワイトリーの罪をかぶることで、ホワイトリーには救世主のまま死んでもらうことにする。
  • ホワイトリーは、この国の未来をウィリアムたちに託す。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『憂国のモリアーティ』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

憂国のモリアーティ【最新第39話】闇に閉ざされた街 ネタバレ

憂国のモリアーティ【最新第39話】闇に閉ざされた街

 

ホワイトリーが犯罪卿に殺されたとの情報が、ミルヴァートンに知らされる。

その知らせを聞いたミルヴァートンは、自分が期待していた以上の展開になったと大喜びした。

 

ミルヴァートンは、犯罪卿がホワイトリーを殺さなければいけなかった理由を推察する。

それは、犯罪卿がホワイトリーを殺さなければいけなかった理由と全く同じだった。

 

しかし、ミルヴァートンにとっては、世界の平等など興味がない。

正しいものを悪に堕とすという趣味自体には、何の影響もないからと言う。

そして、犯罪卿は必ず真犯人を見つけて世間に公開するはずだと断言した。

 

ミルヴァートンは続けて言う。

今回のやり方と、切り裂きジャックの事件での騒動を治めたやり方からみて、自分の想定には間違いがない。

モリアーティが犯罪卿かは、これからはっきりしていくと。

 

 

街では、犯罪卿がホワイトリーを殺害したという号外が配られている。

それを見た市民たちは、犯罪卿はこの国で生きている人たちの敵だと騒ぎ立てた。

 

その号外は、シャーロックにも届く。

その記事を見たシャーロックは、これまでのことから犯罪卿が何の罪もないホワイトリーを殺すはずがないと考える。

 

シャーロックは、ジョンを呼んだ。

が、ジョンは用事があり夜まで帰ってこないことを思い出す。

シャーロックが、ジョンがいないことに対して愚痴をこぼしていると、兄・マイクロフトとの待ち合わせの時間が迫っていることに気づいた。

 

シャーロックが向かったのはロンドン中心部。

そこにはマイクロフトが発起人となったディオゲネス・クラブがあった。

 

シャーロックは、マイクロフトのもとに行く。

マイクロフトは、犯罪卿についての自分なりの推理を聞かせろと、シャーロックに言う。

 

シャーロックの推理では、犯罪卿は間違いなく「義賊」。

今回の事件で、罪のない人間は殺さない犯罪卿がホワイトリーを殺したということは、ホワイトリーが罪を犯していたと考えられる。

その罪とは殺人。

ホワイトリーの人間性からみて、ホワイトリーがどんな脅迫を受けても自分の家族を殺すことはありえない。

そうなると、ホワイトリーの家族を殺したのは、護衛の警官だと考えられる。

ホワイトリーは、復讐心から警官を殺してしまったと。

 

マイクロフトは、犯罪卿がホワイトリーの罪を被った理由を訊く。

シャーロックは、ホワイトリーの罪が発覚すれば平等への道が遠のく、それを防ぐにはそうするしかなかったと答えた。

 

マイクロフトは、笑いながらいい線をいっていると言う。

続けて、国中の敵となった犯罪卿は、政府から暗殺されることになるだろう。そうなると、お前が犯罪卿を捕まえるには、残された時間はあまりない。とシャーロックに言った。

 

犯罪卿はこの手で捕まえると返すシャーロックに、マイクロフトは、さらに質問する。

ホワイトリーに殺人をさせるように仕向けた人物や、犯罪卿の正体に目星はついているのかと。

 

シャーロックは、ホワイトリーに殺人をさせた人物に1人だけ心当たりがある奴がいると言う。

犯罪卿の方は、ウィリアムだと言った。

それを聞いたマイクロフトの反応は、素っ気ないものだった。

 

帰り道、シャーロックは、マイクロフトが見せた反応に困惑する。

シャーロックが家に着くと、ジョンも返ってくる。その隣には、メアリーという女性が。

 

ジョンは、僕たちは結婚すると言った。

スポンサーリンク



憂国のモリアーティ最新話が載っているジャンプSQを今すぐ無料で読む

憂国のモリアーティ【最新第39話】闇に閉ざされた街 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

憂国のモリアーティ【最新第39話】の感想

ミルヴァートンは号外から得た情報だけで、ウィリアムが考えていたことがすぐに分かりました。ムカつくやつですが、やはり頭がいいですね。

そして、シャーロックもお見事です。

まるで事件を見ていたかのような名推理でしたね。

 

シャーロックとミルヴァートン、どちらも犯罪卿の正体に近づいています。

今回ウィリアムたちは登場しませんでしたが、これから先どんなことを考えているのか、今から楽しみです。

 

そして、気になるのがシャーロックの兄・マイクロフトが、犯罪卿の正体がウィリアムと聞かされた時のリアクション。

あの素っ気ない反応の裏にどんな意味があるのか、シャーロックでなくても気になってしまいます!

 

次回は、ウィリアムたちが動きだすのか?それともジョンの結婚がメインの話なのか?

早く続きが読みたいです。

まとめ

ということで、

この記事では、2019年10月4日に発売のジャンプスクエア2019年11月号で掲載された憂国のモリアーティ【最新第39話】闇に閉ざされた街のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • ミルヴァートンは、犯罪卿がモリアーティ家だと考えている。
  • シャーロックは、犯罪卿がウィリアムだと考えている。
  • マイクロフトの反応に困惑する。
  • ジョンが結婚することに。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク