憂国のモリアーティ【最新第46話】犯人は二人 第三幕 ネタバレと感想!

この記事では、2020年5月2日に発売の『ジャンプスクエア2020年6月号』で掲載された憂国のモリアーティ【最新第46話】犯人は二人 第三幕のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

 

前回のお話は、

  • シャーロックとジョンは、ミルヴァートンの屋敷に忍び込むが、証拠を見つけることはできなかった。
  • シャーロックは、証拠がミルヴァートンの別邸にあると考え、今度はそちらに忍び込むことを決める。
  • ミルヴァートンの素性を知ったウィリアムたち。
  • ミルヴァートンは、自分が死んだときには犯罪卿がウィリアムであることをばらす段取りをしていた。
  • ウィリアムは、構わずミルヴァートンを始末することにする。

という内容でしたね。

 

 

 

今回はどんな展開になるのでしょうか?

それでは『憂国のモリアーティ』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

憂国のモリアーティ【最新第46話】犯人は二人 第三幕 ネタバレ

憂国のモリアーティ【最新第46話】犯人は二人 第三幕

 

 

ミルヴァートンの別邸に忍び込むために、いろいろなものを準備するジャック。

それは、シャーロックのため。

 

この街に住む者は、困り果てた末、シャーロックを頼って221Bへとやってくる。

そんなシャーロックを自分の準備不足のせいで刑務所に活かせるわけにはいかないという想いがあったからだった。

 

 

ジョンとハドソンがそんな話をしていた時、ミルヴァートンの別邸周りの地図を調べていたシャーロックが帰ってきた。

 

シャーロックの調べでは、ミルヴァートンの別邸があるのは、ブライトンの東・セブンシスターズという有名な海岸沿いの断崖の上にあるらしい。

この立地では、誰かが来れば一目瞭然。

 

この話を聞いたジョンは、前もってミルヴァートンのいない時間を知ることができてよかったと言った。

そして、他に準備できる物はないかと気を張る。

 

 

そんなジョンに、一息つこうと言うシャーロック。

シャーロックとジョンは、久しぶりに建物の屋根に上り、そこで昼食をとることにする。

 

 

サンドイッチを食べながら、どうして結婚をするのか?と質問するシャーロック。

ジョンは、メアリーが自分の理想の条件を満たしていたからだと話す。

 

シャーロックは、そのことに異論はないが、わざわざ結婚という形をとらなくてもいいのでは?と訊き返した。

ジョンは、誰かに認めてもらえたという「結果」が欲しかったのだと答えた。

 

シャーロックは、自分はずっと前からジョンのことを認めているつもりだと言う。

続けて、ジョンが221Bからいなくなると少し寂しくなると言った。

 

さらにシャーロックは、メアリーのことを試すようなことをしたのはジョンに幸せになってほしいと思ったからだと言い、そう思うこの気持ちこそが「友情」という者なんだろうと話した。

 

 

シャーロックの口から友情という言葉が出てきたことに驚くジョン。

そして、自分が結婚したからといってシャーロックの相棒をやめるつもりはないと言った。

 

 

シャーロックは、ここでジョンに約束を取り付ける。

それは、この先どんなことがあろうとジョンはジョンの幸せを優先すること、それこそが自分にとっての幸せでもあると言った。

 

 

 

次の日の夜。

シャーロックとジョンは、ブライトンの東に来ていた。

天気は荒れ模様だったが、忍び込むには好都合だ。

 

林を抜けて海岸沿いに着くと、そこにはミルヴァートンの別邸が見えた。

シャーロックたちは、東側には身を隠すところが無いからと、西側から回り込むことに。

 

 

その時、光と共に数発の銃声が鳴り響いた。

シャーロックは少し考えた後何かを悟り、読み違えたと呟く。

 

シャーロックは、ジョンに警察を呼んでくるよう指示する。

そして自分はこの混乱に乗じて、証拠を持ち出すと言った。

 

 

 

建物に近づくシャーロック。

中では複数人同士が打ち合いをしている。

 

シャーロックは建物の裏手に回り、2回から侵入した。

侵入した部屋の状況を見ると、どうやらここはミルヴァートンの部屋に間違いないようだ。

しかし、ここには証拠を隠している金庫は見当たらない。

 

シャーロックが隣の部屋に行こうとすると、扉の向こう側から話声が聞こえる。

 

 

シャーロックが部屋を覗くと、そこにはミルヴァートンの姿があった。

そして、ミルヴァートンの話している相手を見て驚くシャーロック。

 

 

シャーロックが部屋に入ると、ミルヴァートンが想定した時間通りだと言う。

なんとここにシャーロックとミルヴァートン、そしてもう1人が揃うのは、全てミルヴァートンの計画だったのだ。

 

 

自身がここまで誘導された経緯を冷静に解説するシャーロック。

そして、もう1人の人物も同じような手口でこの場に呼び出されてのだろうと話す。

 

ミルヴァートンは、シャーロックの推理に対し、その通りだと言い、ここに呼ばれた理由にも見当がついているだろうと言った。

 

ミルヴァートンがシャーロックに課した役目とは、自身の目の前にいる人物を逮捕させること。

 

 

激しい稲光によって映し出されたのは、なんとウィリアムだった。

スポンサーリンク



『憂国のモリアーティ』の最新話が載っている「ジャンプSQ」を今すぐ無料で読む

憂国のモリアーティ【最新第46話】犯人は二人 第三幕 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

憂国のモリアーティ【最新第46話】の感想

今回のお話では、シャーロックがジョンに対して、友情というものを感じたことが印象的でした。

今までずっと一人でやってきたシャーロックにとって、ジョンという存在がこんなにも大切になっていたこと考えると、シャーロックも随分丸くなったんだなと思いました。

 

こんな場面を見ると、なんだかどちらかに死亡フラグが立ったような気もしてしまうのですが、原作のことを考えるとまあ大丈夫でしょう。

 

 

そして、とうとうウィリアムが犯罪卿だということがシャーロックにばれてしまいました。

シャーロックは、ウィリアムが犯罪卿だと薄々は勘付いていましたが、いざ本人を前にした時にどんなリアクションをするのか気になります!

 

また、ミルヴァートンはシャーロックにウィリアムを逮捕させようと今回の計画を立てたようですが、ミルヴァートンに対してはウィリアムとシャーロックは利害が一致しているんですよねぇ。

 

あとはシャーロックがウィリアムのことを見過ごすかどうかで、ミルヴァートンが追い込まれることになります。

そうなった時のミルヴァートンの焦る姿を見てみたいものです。

 

果たしてシャーロックは、義賊である犯罪卿と本当にゲスな脅迫王どちらの味方をするのでしょうか?

次回も楽しみにしています!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年5月2日に発売の『ジャンプスクエア2020年6月号』で掲載された憂国のモリアーティ【最新第46話】犯人は二人 第三幕のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • ジョンに対して友情を感じるシャーロック。
  • ミルヴァートンの別邸では、激しい撃ち合いが行われていた。
  • ミルヴァートンの部屋に忍び込んだシャーロック。
  • となりの部屋にはミルヴァートンともう1人の人物が。
  • この場にシャーロックとミルヴァートン、もう1人の人物が集まったのは、ミルヴァートンの計画。
  • もう1人の人物はウィリアムだった。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク