憂国のモリアーティ【最新第68話】恐怖の谷 第二幕 ネタバレと感想!

この記事では、2022年3月4日に発売の『ジャンプスクエア2022年4月号』で掲載された憂国のモリアーティ【最新第68話】恐怖の谷 第二幕のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • ウィリアムはシャーロックと出会えたことで、自身の世界が変わったと言う。
  • ウィリアムと出会えたことで、自身の生き方を肯定された気がしたシャーロック。

という内容でしたね。

 

 

ウィリアムとシャーロックのコンビがどんな活躍を見せてくれるのか気になります。

今回はどんな展開になるのでしょうか?

 

この漫画を絵付きで読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

 

※31日間の無料お試し期間内に解約をすれば料金が発生することはありません

 

 

それでは『憂国のモリアーティ』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

憂国のモリアーティ【最新第68話】恐怖の谷 第二幕 ネタバレ

今回紹介する 憂国のモリアーティ【最新第68話】恐怖の谷 第二幕 を簡単にまとめると、

  • ビリーから明かされるアメリカ合衆国の内情。
  • ビリーからスカウトされたウィリアム。
  • シャーロックのもとへ新しい作戦の指令書が届く。

という感じでした。

 

詳しい内容は以下でお伝えしています。

スポンサーリンク



はじめまして

ウィリアムの意識が戻り、2人での生活が始まる。

そんな2人のもとにビリーが差し入れをもってやってきた。

 

ウィリアムは、ビリーにはじめましての挨拶をし、助けてくれたお礼を言う。

そんな中、シャーロックは、ビリーが訪ねてきた理由を聞いた。

 

現在シャーロックは、ビリーの紹介でいくつかの仕事をこなしていた。

 

そこでビリーは、この合衆国での事情をウィリアムにきちんと話しておきたいのだと言う…

 

ピンカートン探偵社

シャーロックとビリーが働いているのは、ピンカートン探偵社というところ。

その名はウィリアムにも届いており、民間ながらリンカーン大統領の護衛をし、幾たびの暗殺を未然に防いだこともあるらしい。

 

 

ここでビリーは、探偵社の話の前にアメリカ合衆国の成り立ちについて話し出す。

そして、現在定められている『アメリカ合衆国憲法修正第2条』のため、政府が露骨に市民を抑え込むことができないそうだ。

 

そこで、政府が市民を黙らせたいときには、間接的にピンカートン探偵社が動くことになったとビリーは言う。

しかし、さすがの市民もピンカートン探偵社の依頼主が政府だと気付くようになってきた。

 

そして、政府がピンカートン探偵社を使うのをやめさせる法律が制定された。

 

そこで政府は考える。

そして、以前は肉体派の探偵社を頭脳派に切り替え、市民にバレない巧妙なやり口を考えるようになったそうだ。

 

スカウト

ピンカートン探偵社のことを話したビリーだったが、今の自分たちには経験やノウハウが足りないのだと言う。

そこでビリーは、ウィリアムにも力を貸してほしいと言った。

 

ウィリアムは、その返事はもう少しだけ待ってほしいと答えるのだった。

 

作戦指令書

話を終えて、ウィリアムたちの家に戻ってきた3人。

すると、ドアに封筒が挟まれているのを発見する。

それはシャーロック宛ての新しい作戦指令書だった。

 

シャーロックの代わりに封筒の中を確認するビリー。

ビリーは、その書類に目を通しながら黙り込む。

 

そしてビリーは、シャーロック宛ての作戦に自分も参加させてもらうと言い出した。

スポンサーリンク



『憂国のモリアーティ』の最新話が載っている「ジャンプSQ」を今すぐ無料で読む

今回紹介した 憂国のモリアーティ【最新第68話】恐怖の谷 第二幕 のネタバレはどうでしたか?

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

U-NEXTに登録済みの方はこちらもオススメ!

過去にU-NEXTのお試しをしたことがあるという方にはコミック.jpがオススメです。

こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービス。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントが1200円分のポイントに!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『ジャンプSQ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『ジャンプSQ』の最新号を読む!

30日間の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

憂国のモリアーティ【最新第68話】の感想

ビリーから聞かされたアメリカ合衆国の内情。

今回描かれている内容や、ピンカートン探偵社は実際にあるものらしく、そのせいか妙にリアリティがあって少し怖くなりました。

 

そして、そんな仕事にスカウトされたウィリアムはどんな答えを出すのでしょうか?

ウィリアム的には、ビリー達がやってい仕事が市民平等に背くのであれば、受けることは無いと思います。

 

今回の依頼主はアメリカの政府ということなので、その辺りがどうなるのか難しいところですね。

 

また、今回シャーロック宛てに新しく届いた作戦指令書。

ビリーはそれを食い入るように見ていましたが、いったいどんな内容が書かれていたのでしょうか?

続きが気になりますね!

まとめ

ということで、

この記事では、2022年3月4日に発売の『ジャンプスクエア2022年3月号』で掲載された憂国のモリアーティ【最新第68話】恐怖の谷 第二幕のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • ビリーから明かされるアメリカ合衆国の内情。
  • ビリーからスカウトされたウィリアム。
  • シャーロックのもとへ新しい作戦の指令書が届く。

という内容でした。

 

作戦指令書に描かれていた内容とはいったいなんだったのでしょうか?

続きが気になります!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

※31日間の無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!

スポンサーリンク